Yukio Tsuchida

Hokkaido University, Sapporo, Hokkaidō, Japan

Are you Yukio Tsuchida?

Claim your profile

Publications (3)2.03 Total impact

  • Source
    Yukio Tsuchida · Jun'ichi Katayama · Harumitsu Murohashi
    [Show abstract] [Hide abstract]
    ABSTRACT: It is important to understand the role of individual differences in working memory capacity (WMC). We investigated the relation between differences in WMC and N1 in event-related brain potentials as a measure of early selective attention for an auditory distractor in three-stimulus oddball tasks that required minimum memory. A high-WMC group (n=13) showed a smaller N1 in response to a distractor and target than did a low-WMC group (n=13) in the novel condition with high distraction. However, in the simple condition with low distraction, there was no difference in N1 between the groups. For all participants (n=52), the correlation between the scores for WMC and N1 peak amplitude was strong for distractors in the novel condition, whereas there was no relation in the simple condition. These results suggest that WMC can predict the interference control for a salient distractor at auditory gating even during a selective attention task.
    Full-text · Article · Mar 2012 · Neuroscience Letters
  • Yukio Tsuchida · Harumitsu Murohashi

    No preview · Article · Jan 2009
  • Yukio TSUCHIDA · Jun'ichi KATAYAMA · Harumitsu MUROHASHI
    [Show abstract] [Hide abstract]
    ABSTRACT: リーディングスパンテストで測定されるワーキングメモリ (WM) 容量の個人差はスパンテスト遂行中の課題非関連情報に対する注意を抑制する注意制御機能が関わっていると考えられている。この注意制御機能が領域固有なのかどうか, 視覚3刺激オドボール課題遂行中の事象関連脳電位 (ERP) を検討した。リーディングスパンテストを用いて52人の大学生・大学院生のWM容量を評価した。実験参加者は標的刺激 (15%) に対して反応をすることと, 非標的刺激 (15%) と標準刺激 (70%) の両方を無視することが要求された。ある条件では同じ幾何学図形が非標的として繰り返し呈示されたが, もう1つの条件では新奇な認識できない視覚刺激が非標的として呈示された。WM容量低群 (n=13) は高群 (n=13) よりも繰り返し呈示された非標的に対して大きな非標的P300振幅を惹起した。このことは, 課題非関連情報によってWM容量低群の方が高群よりも注意が捕捉されたと考えられる。WM容量は言語領域だけでなく, 視覚刺激の処理においても課題非関連情報に対する注意の抑制に依存することが示唆された
    No preview · Article · Jan 2008