G275 岡本悠・津田友理香・片岡真紀・小玉紗織・成田彩乃・いとうたけひこ・井上孝代(2017, 11月:東洋大学) 臨床心理士養成大学院生を対象としたグループ表現セラピー体験ワークショップに関する試み 日本心理臨床学会第36回秋季大会プログラム, 394. PB2-44 パシフィコ横浜

Conference Paper (PDF Available) · November 2017with 29 Reads
Conference: 日本心理臨床学会第36回秋季大会, At Yokohama
Abstract
[問題と目的] 表現セラピーは「絵やコラージュ、粘土や造形といった視覚(ビジュアル)アートや、身体を使った表現、声や音楽、詩や散文、物語を書く、ドラマを演じるなど、様々な表現を用いる統合的な芸術療法」などと定義されている(小野,2005)。表現セラピーは、病院、学校などにおいて、様々なクライエントを対象に実施されており(Case, 1992など)、現代の日本が抱える大きな問題の一つである、トラウマケアにも用いられている(井上・いとう・福本・エイタン, 2016など)。しかし、日本においては、表現セラピーについて、系統的に学ぶ機会がほとんどないのが現状である(関, 2008)。そのような中で、Japan International Center for Trauma-care and Emergency Relief(JICTER)は、体験型のグループ表現セラピーによるPTSD/トラウマケア専門家養成プログラムを提供してきた。同ワークショップの参加者は、表現セラピーの体験に加え、参加者間の対話をはじめとするグループ体験によって一個人としての気付きや、専門家としての気付きを得ていたことが示されている(岡本・小玉・片岡・津田・成田・いとう・井上, 2016)。 本研究では、JICTERのワークショップを基にして、臨床心理士養成大学院に在籍する学生を対象とする、体験型のグループ表現セラピーのワークショップを企画したため、その報告と考察を行う。 [ワークショップの構造] プログラムの趣旨: ①自己理解を深めること、②セルフケアの技術を高めることの二点を目的とし、グループ体験を重視しながら、体験的に表現セラピーについて学ぶ機会を提供する(各回の概要は表1に示した)。 対象者: A大学大学院臨床心理学コース在籍中の大学院生5名のクローズドグループ ファシリテーター: JICTERのトレーニングを受けた臨床心理士1名および臨床心理士2名(経験年数3年〜5年) 期間: X年10月~X+1年3月17:45~19:45(月1回90分) 場所: A大学大学院教室 方法: ①アンケート調査(5件法):グループへの安心感や、ワークショップへの満足感の程度、自己理解がどの程度深まったと感じているか。②グループおよび参加者の様子や発言に関する逐語記録。③コラージュ作品の自己分析:ワークショップの初期と終期に、同じテーマでコラージュを実施し、作品の変化の比較を行った。 倫理的配慮: 参加者には、グループの守秘義務およびアンケートおよび写真の取り扱い等についての説明を十分に行い、同意を得た。 表1:ワークショップ概要 [結果と考察] アンケートの結果からは、参加者は、本ワークショップに参加することについて一定以上の安心感を得ており、グループ表現セラピーを通して、自己理解を深めることが出来ていたことが示された。 現時点では、ワークショップを実施中の段階であるため、文字データおよびコラージュ作品の変化については、当日報告を行う。 [主要引用文献]井上孝代・いとうたけひこ・福本敬子。エイタン・オレン(編) (2016). トラウマケアと PTSD予防のためのグループ表現セラピーと語りのちから:国際連携専門家 養成プログラム開発と苦労体験学の構築 風間書房 [キーワード] グループ表現セラピー、クローズド・グループ、アートセラピー
This research hasn't been cited in any other publications.
This research doesn't cite any other publications.