ArticlePDF Available

Extraction of the perceived benefits of university physical education classes by text mining: Differences in sex and exercise habits among the categories of perceived benefits

Authors:

Abstract

In Japan, not many people exercise habitually. Physical education (PE) in universities would be expected to contribute to the development of active lifestyles by facilitating lifelong habits of exercise and sports. This study extracted the perceived benefits of PE in universities using text mining. A questionnaire survey was conducted among university freshmen (N=989, men=656, women=331). The questionnaire inquired about basic attributes, including sex, age, and exercise habits, and requested free descriptions about the perceived benefits of PE at universities. The mean age of the participants was 19.1 years. The results indicated that approximately 30% exercised regularly. Words that appeared frequently in free descriptions regarding the perceived benefits of PE in universities were analyzed using morphological analysis, and 18 keywords were identified, including “make or can,” “friends,” and “enjoyable”. Based on these keywords, the following 10 categories of perceived benefits of exercise were extracted: formation and development of friendship, an increase in the frequency of exercise, feeling of enjoyment, increase in physical strength, improvement in communication skills, improvement in life habits, attaining and improving movement skills, understanding exercise methods and rules, understanding the importance of team play, and stress reduction. Furthermore, differences based on sex, as well as sport and exercise habits, were also examined. The results indicated that the frequency of the following categories was higher in women than in men: formation and development of friendship and a feeling of enjoyment. Students without regular exercise habits indicated a higher frequency of “increase in the frequency of taking exercise,” compared to those with exercise habits. The above results suggest the need for planning and enforcing PE programs in universities, as this would seem to promote lifelong exercise habits and participation in sport. Furthermore, perceived benefits of PE in universities should be complemented and increased, according to sex and individual exercise habits. Moreover, students should be taught the importance of exercise and sports. In the future, it will be important to examine the perceived benefits of exercise by matching the benefits with the purpose and contents of PE, and to examine the continuity of the perceived benefits, as well as investigating deep-level perceived benefits.
27
1
) 群馬大学学術研究院(教育学部主担当)
371
8510
群馬県前橋市荒牧町
4
2
2
) 熊本学園大学社会福祉学部
862
8680
熊本市中央区大江
2
5
1
3
) 筑波大学体育系
305
8574
茨城県つくば市天王台
1
1
1
4
) 東亜大学人間科学部
751
8503
山口県下関市一の宮学園町
2
1
連絡先 西田順一
1.
Faculty of Education, Gunma University
4
2Aramaki,Maebashi,Gunma371
8510
2.
Faculty of Social Welfare, Kumamoto Gakuen Univer-
sity
2
5
1 Ohoe, Chuo-ku, Kumamoto 862
8680
3.
Faculty of Health and Sport Sciences, University of
Tsukuba
1
1
1 Tennodai, Tsukuba, Ibaraki 305
8574
4.
Faculty of Human Sciences, University of East Asia
2
1 Ichinomiya gakuenn-cho, Shimonoseki, Yamaguchi
751
8503
Corresponding author junichi
gunma-u.ac.jp
27
体育学研究
60
27
39
2015
テキストマイニングによる大学体育授業の主観的恩恵の抽出
性および運動・スポーツ習慣の差異による検討
西田 順一
1
)
橋本 公雄
2
)
木内 敦詞
3
)
谷本 英彰
4
)
福地 豊樹
1
)
上條 隆
1
)
鬼澤 陽子
1
)
中雄 勇人
1
)
木山 慶子
1
)
新井 淑弘
1
)
小川 正行
1
)
Jun-ichi Nishida
1
, Kimio Hashimoto
2
, Atsushi Kiuchi
3
, Hideaki Tanimoto
4
, Toyoki Fukuchi
1
, Takashi
Kamijo
1
,YokoOnizawa
1
, Hayato Nakao
1
,KeikoKiyama
1
, Yoshihiro Arai
1
and Masayuki Ogawa
1
:Ex-
traction of the perceived beneˆts of university physical education classes by text mining: DiŠerences in
sex and exercise habits among the categories of perceived beneˆts. Japan J. Phys. Educ. Hlth. Sport Sci.
60: 27
39, June, 2015
Abstract
In Japan, not many people exercise habitually. Physical education
(
PE
)
in universities would
be expected to contribute to the development of active lifestyles by facilitating lifelong habits of exercise
and sports. This study extracted the perceived beneˆts of PE in universities using text mining. A ques-
tionnaire survey was conducted among university freshmen
(
N
989, men
656, women
331
)
.The
questionnaire inquired about basic attributes, including sex, age, and exercise habits, and requested free
descriptions about the perceived beneˆts of PE at universities. The mean age of the participants was
19.1 years. The results indicated that approximately 30
exercised regularly. Words that appeared
frequently in free descriptions regarding the perceived beneˆts of PE in universities were analyzed
using morphological analysis, and 18 keywords were identiˆed, including ``make or can,'' ``friends,'' and
``enjoyable''. Based on these keywords, the following 10 categories of perceived beneˆts of exercise
were extracted: formation and development of friendship, an increase in the frequency of exercise, feel-
ing of enjoyment, increase in physical strength, improvement in communication skills, improvement in
life habits, attaining and improving movement skills, understanding exercise methods and rules, under-
standing the importance of team play, and stress reduction. Furthermore, diŠerences based on sex, as
well as sport and exercise habits, were also examined. The results indicated that the frequency of the
following categories was higher in women than in men: formation and development of friendship and a
feeling of enjoyment. Students without regular exercise habits indicated a higher frequency of ``increase
in the frequency of taking exercise,'' compared to those with exercise habits. The above results suggest
the need for planning and enforcing PE programs in universities, as this would seem to promote lifelong
exercise habits and participation in sport. Furthermore, perceived beneˆts of PE in universities should
be complemented and increased, according to sex and individual exercise habits. Moreover, students
should be taught the importance of exercise and sports. In the future, it will be important to examine the
2828
西田ほか
perceived beneˆts of exercise by matching the beneˆts with the purpose and contents of PE, and to exa-
mine the continuity of the perceived beneˆts, as well as investigating deep-level perceived beneˆts.
Key words
learning eŠect, free-text answers, morphological analysis, stages of change in exercise
behavior, university students
キーワード学修効果,自由記述回答,形態素解析,運動行動の変容段階,大学生
.問題と目的
わが国の運動・スポーツの振興において,平成
24
3
月にスポーツ基本法が策定され,次いで
それに示された理念の実現に向けてスポーツ基本
計画が策定されている.ここでは,以降
10
年間
のスポーツ推進の基本方針が示され,子どものス
ポーツ機会の充実やライフステージに応じたス
ポーツ活動の推進などが挙げられている(文部科
学省,
2012
.また,義務教育段階における保健
体育科の目標として,平成
24
年度から全面実施
されている新学習指導要領にて「積
運動に
親しむ資質や能力を育てる」ことから「生
運動に親しむ資質や能力を育てる」ことに
転換が図られている(文部科学省,
2008
以上のように,近年,すべての国民に対して生
涯にわたる運動やスポーツの実施に向けた政策や
指導策が次々に明示されている.しかし,平成
25
年に行われた「体力・スポーツに関する世論
調査(文部科学省,
2013
」に目を向けると,週
3
日以上の運動・スポーツの実施者は
30.1
で
あり,以前より変化はほとんどみられていない.
また,年代別に見ると,男女共に
60
歳代および
70
歳以上(たとえば,
70
歳以上男性で
56.5
)
に比べ,
20
歳代および
30
歳代(たとえば,
30
以上男性で
10.8
)がとりわけ少ない状況にあ
る.さらに,笹川スポーツ財団(
2012
)の調査
にて,運動・スポーツの実施レベル(頻度と時間
から
5
段階のレベルを設定)の割合は
60
歳代に
て高い者の割合が多く,
30
歳代は少ないことが
報告されている.これらから高齢者の運動・ス
ポーツの積極性が窺われる一方,青壮年者はその
傾向は確認できず,運動・スポーツの実施状況は
世代間によって差異が生じていると言える.
ライフステージ全般にわたる運動・スポーツの
積極的な実施が強調される中,高等教育機関に
おける体育は生涯にわたるスポーツ習慣を形成・
定着させる視点に立ってスポーツの意義や価値を
体感する経験を豊かに積ませる実践に加え,ス
ポーツの文化的価値についての理解を図ることが
期待されている(文部科学省保健体育審議会,
1997
.同様に大学体育は,他者や環境に配慮し
ながらスポーツを実践する能力を身につけさせる
という役割を担っている(森田,
2000
)とも考
察されている.これらから,大学体育授業は中等
教育段階の教育内容を発展させ,生涯にわたる運
動・スポーツ実践の橋渡しとなり,アクティブな
ライフスタイルを構築させることにより運動・ス
ポーツの実施率の向上に貢献できる可能性があ
る.それに留まらず,わが国の
18
歳人口におけ
る大学進学率は
5
割程度であるため,比較的多
くの国民の生活習慣病の予防や改善,さらには生
活の質の向上等にも寄与できると考えられる.
この点に関して,大学体育授業は運動・スポー
ツ研究の科学的知見を踏まえて行われ,近年,そ
の効果についてもレビューされている.たとえ
ば,全国大学体育連合(
2010
)は,「体育系学術
団体からの提言
2010
」の中にて,大学体育の実
技・実習科目では,身体的効果,精神的効果,社
会的効果,そしてアクティブな日常生活の運動行
動の促進効果といった
4
つの効果があることを
示している.また,橋本(
2012
)は,上述した
効果をさらに具体的に示し,体力の向上,体脂肪
率の減少,感情の変化,コミュニケーションスキ
ルの向上,そして,人間関係の醸成などといった
内容にまとめている.さらに,大学体育授業は健
康づくりと友達づくりの機会となり,学問的適応
および社会的適応という効果をもたらす可能性が
あることも示唆されている(木内,
2012
.加え
2929
自然言語処理を用いた大学体育授業の主観的恩恵
て,木内・橋本(
2012
)は行動科学に基づいた
大学体育授業により,朝食摂取頻度の低下の抑制
効果,生活習慣全般への効果,身体活動量の増強
効果,そして運動行動に関わる心理的因子の改善
効果などを見出している.
上述した研究は,先行研究のレビューなどによ
り見出された効果であり,より詳細かつ個別的に
述べれば,わが国だけでも大学体育授業の効果を
示した,さらに多くの研究が存在する.このこと
から考えると,研究者は大学体育授業の実践に関
して幅広い効果を認識しているものと考えられ
る.ただし,それらは大学体育授業を受講した学
生自身による主観的な恩恵の知覚そのものとは異
なることに留意する必要がある.なぜなら,研究
者は大学体育授業の実践による様々な側面の効果
(たとえば,体力や筋力の向上,コミュニケーシ
ョンの改善など)を仮説づけ,その仮説に対して
科学的手法を用いて実証を試みているからであ
る.研究者によって仮説検証された効果の提示
は,科学的に意義があり,大学体育授業の価値を
一層高めるものと言える.一方,大学体育授業を
受講した学生自身がどのような恩恵を享受したと
具体的に知覚しているかを明らかにすることも後
の運動行動や運動行動意図を高める上で重要な意
義があると考えられる.前述したように生涯にわ
たり運動に親しむ主体となるのは学生であること
から,大学体育授業では受講者にスポーツの意義
や恩恵についての理解を深めさせることが重要で
ある.また,運動行動変容段階に目を向けると,
初年次学生の
8
割前後は初期段階(「前熟考期・
熟考期・準備期」)にあることが報告されており
(木内ほか,
2003
,そのような対象には一般的
に認知的方略を利用して段階を進めさせることが
有効とされている(岡,
2000
.先行研究におい
て(
Levy and Cardinal, 2006
西田,
2012
,大
学生の運動や身体活動に関する主観的恩恵は,そ
の後の運動行動や運動行動意図に影響を及ぼす可
能性があることが示されている.これらから,大
学体育授業の受講者が主観的恩恵を先ずどのよう
に知覚しているかを明確にしたうえで,次にその
知覚を踏まえた大学体育授業の構築を進めること
は生涯にわたるスポーツ習慣の形成を促す上で欠
かせない.
大学体育授業に伴う受講生の主観的恩恵につい
て科学的な方法により解明を試みた研究は,著者
が知る限り清水ほか(
2012
)の研究のみしか見
当たらない.清水ほか(
2012
)は,大学生の体
育授業による効用認知について尺度化した項目に
よって測定し,体育授業におけるストレス反応と
の関連を探っている.ここでは,体育授業をスト
レスマネジメントの一形態として,あくまでスト
レス反応を低減させる上での大学体育授業の効果
の認知に限定して捉えており,運動・スポーツ自
体の価値的な側面の恩恵は尺度には含まれていな
い.よって,これまで大学体育授業による主観的
恩恵を包括的な観点にて質的データに基づき探索
した研究は欠落していると言える.今後,包括的
な観点から大学体育授業の主観的恩恵を捉えるた
めには多数の受講者から質的データを収集し,分
析することが重要であり,それらから新たな知見
を導く上でテキストマイニングが有効な手法であ
ると考えられる.
比較的最近になり,質的データ分析においてテ
キストマイニングという手法が注目されている
(佐藤,
2008
.テキストマイニングとは,「蓄積
された膨大なテキストデータを何らかの単位(文
字,単語,フレーズ)に分解し,これらの関係を
定量的に分析すること」と定義され(金,
2009
具体的には形態素解析という単語の活用を考慮し
最小の意味単位に分割する第
1
段階と形態素か
ら大きなクロス表に書かれた数字を処理する第
2
段階という
2
つのメカニズムからなっている
(服部,
2013
.これまでの伝統的な科学研究の
手法とは対照的に質的方法と量的方法の両方の性
格を併せもっているとされている(いとう,
2013
.テキストマイニングは,また,言葉や文
章というテキストデータから新たな知識を発見す
る手法であり,ルールやパターンを発見するとい
う探索的な性質をもつデータマイニングの
1
のバリエーションであると考えられている(藤井,
2005
.従来,質的データ分析は,
KJ
法などに
よりデータを統合,結合することなどによって
3030
西田ほか
データの整理が行われてきたが,分類結果が研究
者により異なるといった信頼性の問題,さらには
扱うデータの数の限界という問題が指摘されてき
た(藤井,
2005
.テキストマイニングの手法は
これらの問題を解決し,大量・複雑なデータを集
約して,その頻度や関係を可視化することにより
新たな探索的な発見が可能となるため,経営学,
経済学,心理学,文学,看護学などの様々な学問
領域において応用されている.これまで,大学体
育授業の種々の効果を見出すための手法として,
大半は量的データが用いられてきた(橋本ほか,
2012
.大学体育授業の主観的恩恵を検討する
際,従来のように一定の量的スケールを用いて測
定するのみでは,明確にできない側面も存在する
ものと思われる.実際に,時代に伴って学生一人
ひとりの価値観は変化し,また多様化しているこ
とから,とくにテキストマイニングという新知識
を発見する手法によって,包括的に大学体育授業
の主観的恩恵を抽出すことは極めて重要である.
以上より,本研究ではテキストマイニングを用
いた手法により大学体育授業の受講者がその主観
的恩恵をどのように捉えているのかを比較的大規
模データによって明らかにすることを目的とし
た.また,性および運動・スポーツ習慣の差異に
よる観点からも主観的恩恵を併せて検討すること
とした.なお,本研究では
Wilcox et al.
(
2006
を参考に,大学体育授業を受講した結果として生
じた受講者自身の種々の学びや気づきといった有
益性の知覚を主観的恩恵(
perceived beneˆts
と定義して用いることとした.
.方 法
対象者
関東地区の
A
大学,関西地区の
B
大学,中国
地方の
C
大学,そして九州地区の
D
大学(いず
れも
4
年制)に通う初年次学生のうち,大学体
育授業を履修した学生を調査対象者とした.これ
らのうち,調査の協力が得られ,調査票の大部分
に書き漏らしのなかった
989
名(男子
656
名,女
331
名,性別不明
2
名)を分析対象者とした.
調査内容
1
) 基本的属性
対象者の基本的属性として,所属学部名,年
齢,学年,性別,そして大学運動部または運動
サークルへの所属状況を尋ねた.
2
) 運動・スポーツ活動習慣
対象者の日常生活における運動・スポーツ活動
習慣を明らかにするため,
Oka et al.
(
2000
)が
作成した運動行動変容段階を尋ねる項目(「前熟
考期」から「維持期」までの
5
つの運動行動変
容段階から自身が最も該当する段階を
1
つ選択
する)を用いた.ここでの定期的な運動・スポー
ツ活動とは,
1
回あたり
20
30
分以上の運動やス
ポーツ活動を週
2
3
回以上行うこととし,それ
には大学体育授業での運動・スポーツ実施は含ま
ないこととした.
3
) 大学体育授業の内容および出席状況
大学体育授業の内容を把握するため,大学体育
授業にて実施したスポーツの種目名を具体的に記
述させた.また,大学体育授業への受講者の出席
状況を明らかにするため,「欠席なし」
1
3
の欠席」
4
回以上の欠席」のいずれかを選択さ
せた.
4
) 大学体育授業の主観的恩恵
対象者に受講した大学体育授業の全般のふり返
りを行ってもらい,そこで得られた主観的恩恵に
ついて,自由記述による回答を求めた.質問文
は,「今回の体育授業をふり返って,“あなたが学
んだこと(得られたこと,身に付けたこと,また
は気づいたこと)”を
3
つ,‘体育の授業で’,に
続くような箇条書きで具体的に挙げてください.
と教示した.また,記入に際して特になしという
記述は避けるよう教示を与えた.
調査方法
調査は,
2014
1
月中旬から
2
月下旬にて,
「大学における体育実技授業アンケート」と題し
た質問紙を講義の最終回の時間に配布し,対象者
に回答させた.なお,本質問紙は無記名であり,
回答内容から個人を特定される調査ではないこ
と,および回答は自由意思であり,回答に協力し
3131
自然言語処理を用いた大学体育授業の主観的恩恵
なくても不利益を被らないことを説明の上,実施
した.
分析方法
基本的属性などの数量データについては,
SPSS Statistics 21
(日本
IBM
社)を用いて単純
集計および統計解析を行った.また,主観的恩恵
の文字テキストデータ(自由記述)は,テキスト
データに対して分析を可能にするテキストマイニ
ングツール
PASW Text Analytics for Surveys
3.0.1J
SPSS
社)を用い,以下の手順にて実行
した.
先ず研究者により事前に複数回にわたってテキ
ストデータの読み込みを行った上で,大学体育授
業による恩恵を適切に表現していない記述(
e.g.
S
が欲しい,
2,000
円とられた,ナシ,そして,
特になしなど)を一律に解析対象外とした.ま
た,文意を変えないように留意した上で,つづり
間違い,入力ミスなどの修正を行った.続いて,
キーワード抽出(形態素解析)を行った.形態素
解析は,文字列を文法的に意味のある単位の構成
要素に分割し,各要素の文法的素性を決定する手
法である(那須川,
2009
.なお,自由記述は使
用される表現に統一性が保証されないことが多
く,同じ意味をあらわす言葉でも漢字,ひらが
な,カタカナなどの表記ゆれ(
e.g.
イスと椅子,
けんかとケンカなど)や,コンピュータに入力す
る際の変換ミスが生じたりすることも多く,単純
に自由記述をテキストマイニングしても質の高い
結果が得られにくいとされている(野守ほか,
2010
.このことから,本研究ではキーワード抽
出結果を確認し,その結果中の不統一な表現を解
析ソフトの類義語辞書に登録することによりまと
め,それを反映させたキーワード抽出を再度実行
するという作業を繰り返し行った.そして,キー
ワード抽出に続き,係り受け解析を実施した.係
り受け解析とは,同じ
1
文内に出現しているだ
けでなく,かつそこに「係る語」と「受ける語」
の関係が成り立っているかどうかについて分析す
る手法である(川嶋,
2012
.加えて,意味内容
をまとめるため,「出現頻度に基づくカテゴリの
抽出」を行った.ここでは,回答内で意味を持た
ない不要なキーワードやカテゴリの削除作業を行
い,カテゴリの調整を実施した.最終的に集約さ
れたカテゴリデータについて,
SPSS Statistics
21
2
値型変数(フラグ)によるエクスポート
を行い,性および運動・スポーツ習慣に関する検
討を行った.各回答者の回答がカテゴリに含まれ
る場合は
1
とすることとした.
.結 果
対象者の特徴および運動・スポーツ習慣
対象者(
n
989
)の所属学部は,理工学部
35.9
)が最も多く,次いで医学部(
16.3
)
教育学部(
14.5
)など,計
13
の学部(体育系学
部は含まれていなかった)に所属していた.ま
た,対象者の年齢は
18
歳から
27
歳までの範囲に
あり,平均年齢は
19.1
歳(
SD
0.66
)であった.
さらに,大学運動部または運動サークルへの所属
状況は,いずれかに属している対象者は
45.3
で
あり,いずれにも属していない対象者は
54.7
で
あった.
つぎに,運動・スポーツ習慣を運動行動変容段
階にて単純集計を行った結果,「維持期(「現在,
定期的に運動やスポーツ活動を実施し,また
6
か月以上継続している」」にある者の割合(
29.2
)が最も多く,次いで「前熟考期(
28.6
)
「準備期(
24.1
)「熟考期(
14.9
),そして
「実行期(
3.3
)」という順に多かった.なお,
対象者のうち実行期(「現在,定期的に運動やス
ポーツ活動を実施している.しかし,始めてから
6
か月以内である」)に占める割合が極めて少な
かったため,その特性や傾向を推定することが困
難であると考え,運動・スポーツ習慣による主観
的恩恵のカテゴリの差異の分析では除外すること
とした.
大学体育授業の内容および出席状況
対象者が受講した大学体育授業の内容につい
て,その実施種目を単純集計した結果,「サッカー
14.7
)が最も多く,次いで「ゴルフ
11.8
)
32
表 大学体育授業の主観的恩恵に関する形態素の頻
度および出現率()
形 態 素 頻度 出現率()
できる
302 30.5
友達
249 25.2
楽しい
210 21.2
運動
166 16.8
身体
137 13.9
増える
130 13.1
知る
126 12.7
つく
119 12.0
114 11.5
体力
109 11.0
動かす
106 10.7
スポーツ
86 8.7
技術
62 6.3
ゴルフ
61 6.2
自分
53 5.4
コミュニケーション力
52 5.3
付き合い
52 5.3
機会
51 5.2
出現率は全対象者に対する出現割合を示し,ここでは
5
以上現れた語のみを示した.
32
西田ほか
「卓球(
10.5
)」の順に割合が多かった.その他
では,「テニス」「ダンス」「ソフトボール」「フィ
ットネストレーニング」「スキー」が比較的多か
った.
加えて,対象者の大学体育授業への出席状況に
ついて単純集計を行った結果,「欠席なし(
55.2
)
1
3
回の欠席(
43.5
)
4
回以上の欠
席(
1.3
)」の順に割合が多かった.
大学体育授業の主観的恩恵の抽出
最初に,各対象者から得られた大学体育授業の
主観的恩恵に関する自由記述数は
0
個から
4
までであり,総計
2,574
個であった.それらから
適切でない記述を削除し,最終的に分析対象とし
た自由記述数は総計
2,503
個となり,対象者
1
あたり平均
2.53
個の記述が得られた.
これらの自由記述に対して,名詞,動詞,形容
詞に注目してキーワード抽出を行った結果,
915
語のキーワードが得られた.ここから,上述した
方法に加え,質問文に含まれる語「体育」「授業」
「体育授業」「ふり返る」「学ぶ」「得る」「身に付
ける」「気づく」「こと」)および単独では明確な
意味を持たない単語(「する」「ある」「なる」「い
る」「やる」「いう」「ない」を不要語辞書に含め,
それらを除外することによりキーワードを抽出し
たところ最終的に
872
語が得られた.これらのう
ち,出現単語数の増減状況および先行研究(村田
ほか,
2008
)に鑑み,対象者の
5
以上にて出現
した頻出
18
単語を表
1
に示した.つぎに得られ
たキーワードについて係り受け解析を実施した結
果,頻度
20
以上を示した語について図
1
に示し
た.続いて,出現数
10
回以上のキーワードに限
定してカテゴリの抽出を実施した結果,
108
個の
カテゴリが作成された.そして,作成されたカテ
ゴリに対して,カテゴリの調整を行い,最終的に
825
名(
83.4
)の自由記述を反映した
10
個のカ
テゴリ(表
2
)が確認された.それらのカテゴリ
は,含まれたキーワードの意味内容について考慮
し,それぞれ「友人関係の形成・拡大」「運動の
実施頻度の増加」「楽しさの実感」「体力増強」
「コミュニケーション能力の向上」「生活習慣の改
善」「運動技術の習得・向上」「運動方法・ルール
の理解」「チームプレーの重要性の理解」「ストレ
ス解消」と命名された.
性および運動・スポーツ習慣による大学体育授
業の主観的恩恵の差異
ここでは,得られたカテゴリの平均出現数につ
いて性および運動・スポーツ習慣による差異を検
討した.まず,カテゴリの平均出現数の性差を検
討した結果,図
2
に示したように「楽しさの実
感(
t
(
985
)=-
2.94,
p
.01
「運動の実施頻度
の増加(
t
(
985
)=-
2.13,
p
.05
「友人関係の
形成・拡大(
t
(
985
)=-
2.07,
p
.05
」において
有意な差異が認められ,女子の平均出現数が多か
った.また,「生活習慣の改善(
t
(
985
)=
2.68,
p
.01
「運動技術の習得・向上(
t
(
985
)=
2.43,
p
.05
」においても有意な性差が確認され,男
子にて平均出現数が多かった.
つぎに,カテゴリの平均出現数を運動・スポー
ツ習慣にて比較した結果,表
3
に示したように
33
図 大学体育授業の主観的恩恵に関する係り受け解析結果
表 大学体育授業における主観的恩恵に関するカテゴリとキーワード
カテゴリ キ ー ワ ー ド
友人関係の形成・拡大(
409
)友
249
,増える(
130
,人(
114
,仲良い(
42
,みんな(
15
広がる(
14
,知り合い(
11
運動の実施頻度の増加(
257
)身
137
,動かす
106
,機会
51
,運動不足
45
,動く
11
解消(
11
楽しさの実感(
246
) 楽しい(
210
,楽しむ(
24
,面白い(
15
体力増強(
165
)体
109
,体幹(
24
,やわらかい(
15
,筋肉(
14
,軽い(
11
鍛える(
10
コミュニケーション能力の向上
145
) コミュニケーション力(
52
,付き合い(
52
,話す(
43
生活習慣の改善(
120
)朝
36
,起きる(
35
,生活(
20
,習慣(
17
,眠る(
14
,生活習
慣(
13
,食べる(
13
,規則正しい(
12
,夜(
10
運動技術の習得・向上(
95
) 技術(
62
,上手い(
33
運動方法・ルールの理解(
74
) 方法(
26
,ルール(
24
,覚える(
17
,知識(
11
チームプレーの重要性の理解(
64
) チームプレー(
32
,協力(
12
,協力する(
12
,チーム(
11
ストレス解消(
37
) ストレス(
17
,ストレス発散(
10
,気分(
10
( )内の数字は,対象者のうちの出現頻度を示している.また,キーワードは各対象者にて重複して出現する場合
もある.
33
自然言語処理を用いた大学体育授業の主観的恩恵
運動行動の行動変容段階にて「運動の実施頻度の
増加(
F
(
3, 947
)=
4.83,
p
.01
「コミュニケー
ション能力の向上(
F
(
3, 947
)=
4.53,
p
.01
「チームプレーの重要性の理解(
F
(
3, 947
)=
3.76,
p
.05
「友人関係の形成・拡大(
F
(
3,
947
)=
3.19,
p
.05
「生活習慣の改善(
F
(
3,
947
)=
2.70,
p
.05
」の有意な差異が認められ
た.とりわけ,前熟考期と他のいずれかの段階と
の差異が多く確認された.
.考 察
近年,わが国では各ライフステージにおける運
動・スポーツの積極的な実施が様々な政策や声明
などにより強調されているものの,運動・スポー
ツ実施率は依然として低い状況にある.このこと
に関して義務教育に加え,高等教育段階において
体育・スポーツ教育を実施することは将来の運
34
表 運動行動の変容段階別にみた大学体育授業の主観的恩恵の平均出現数およびその差異の検定結果
前熟考期
n
281
)
熟考期
n
146
)
準備期
n
237
)
維持期
n
287
)
F
多重比較
検定
MSD MSD MSD MSD
友人関係の形成・拡大
.35 .48 .43 .50 .40 .49 .48 .50 3.19
 前熟考<維持
運動の実施頻度の増加
.30 .46 .32 .47 .28 .45 .18 .39 4.83
 維持<前熟考,熟考,準備
楽しさの実感
.26 .44 .21 .41 .22 .42 .28 .45 1.17
体力増強
.21 .41 .16 .37 .16 .37 .14 .35 1.67
コミュニケーション能力の向上
.14 .35 .12 .33 .09 .29 .20 .40 4.53
 準備<維持
生活習慣の改善
.08 .28 .14 .35 .16 .37 .12 .33 2.70
 前熟考<準備
運動技術の習得・向上
.09 .29 .10 .30 .08 .27 .12 .32 0.98
運動方法・ルールの理解
.07 .25 .05 .23 .09 .29 .07 .26 0.73
チームプレーの重要性の理解
.04 .20 .11 .31 .04 .20 .09 .28 3.76
 前熟考<熟考
ストレス解消
.04 .20 .03 .18 .03 .18 .03 .18 0.20
p
.01,
p
.05
図 性別にみた大学体育授業の主観的恩恵の平均出現数および性差の検定結果
34
西田ほか
動・スポーツ行動を促進し,アクティブなライフ
スタイルの形成に資する可能性がある.そのため
には大学体育授業の実践に伴う受講者の主観的恩
恵を明確にし,それらを踏まえ,不足する教育内
容や知識,技術などの追加,さらには獲得した側
面の強化を図る必要がある.以上より,本研究で
は,大学体育授業を受講した初年次学生がその恩
恵を主観的にどのように捉えているのかを明らか
にすることを主な目的とした.
対象者の特徴と大学体育授業の内容
まず,本研究の対象者には以下の特徴が認めら
れた.対象者は様々な学部に属する概ね
18
歳か
20
歳の初年次学生であった.また,大学にお
ける運動部活動または運動サークルへの所属状況
は,
4
割強であった.中学校期,高校期と比較し
て大学期のサークルや同好会,そして運動部活動
への平均加入率は非常に低く,約
4
割であると
報告されている(笹川スポーツ財団,
2013
.ま
た,正野ほか(
2010
)は
2,000
名以上の大学
1
生を対象とした調査により,約
6
割が運動クラ
ブか運動系サークルに所属していることを報告し
ているが,この調査対象者には体育系学部に属す
る者も含まれており割合が高いものと思われる.
これらから,本対象者の運動部活動または運動
サークルへの所属状況は,大学生の一般的な傾向
を示していると推察される.さらに,日常の運
動・スポーツ活動の実施状況を運動行動変容段階
3535
自然言語処理を用いた大学体育授業の主観的恩恵
にて調べたところ,維持期にある対象者が
3
弱を示し最も多かったが,前熟考期にある対象者
3
割弱と多かった.
続いて,大学体育授業にて実施された具体的な
種目には,多様な種目が含まれていた.これら
は,従来から大学体育授業にて取扱われている実
技種目(杉山,
2010
)と同様であった.これま
で大学体育授業を履修する学生が望む種目は多岐
にわたること(小泉ほか,
2000
)が報告されて
おり,そのような要望を満たすため,さらには各
大学の施設状況に応じた実践のため大学体育授業
は幅広い多様な種目にて実施されていると思われ
る.また,大学体育授業への出席状況では,およ
そ半数以上の対象者が無欠席であることが分かっ
た.西田・橋本(
2009
)は,初年次学生の体育
授業の欠席回数を調査し,平均
0.52
回であること
を報告している.本研究では調査方法の違いから
具体的な欠席回数は厳密には不明であるものの,
対象者の大多数がほとんど欠席せずに大学体育授
業を受講していたことが窺える.
テキストマイニング法により抽出された大学体
育授業の主観的恩恵とその特徴
さて,大学体育授業の受講に伴い初年次学生が
どのように主観的恩恵を捉えているかについてテ
キストマイニングの手法を用いて分析した.その
結果,「できる」「友達」「楽しい」という
3
つの
形態素がいずれも
2
割以上の出現数となり,加
えて,係り受け解析の結果,「増える+友達」「で
きる+友達」「動かす+身体」「つく+体力」とい
う組み合わせが
50
頻度を超え,とくに多かっ
た.最頻出の「できる」という語句は,大学体育
授業の受講による様々な内容の成就を示してお
り,とりわけ「できる+友達,できる+運動」と
いう係り受けが多かった.ここでは,「新しい友
人ができた」「定期的な運動ができた」といった
文脈にて用いられ,このことから,大学体育授業
にて友人関係の形成や運動習慣の形成機会となる
ことに関する主観的恩恵を多く捉えていると推察
される.上記以外では「友達」という語に関し
て,「増える+友達」という組み合わせが最も多
かったことから,大学体育授業の受講により豊か
な友達関係が築かれ,人間関係の拡大効果が示さ
れているものと解釈できる.「楽しい」という語
に関しては,「楽しい+運動,楽しい+スポーツ」
という修飾関係を示した.これらは「運動が楽し
いと思えるようになった」「スポーツの楽しさを
改めて理解した」といった文脈で用いられ,運動
やスポーツの実践によりこれまでに感じられてい
なかった楽しさを知覚するに至ったことが考えら
れる.
加えて,大学体育授業の受講による主観的恩恵
の自由記述を集約したところ,「友人関係の形成・
拡大」運動の実施頻度の増加」「楽しさの実感」
などの
10
カテゴリが確認された.これらは,運
動やスポーツそのものの教育・文化的価値の認識
と人間・健康的価値の認識とに大別できる.ま
た,得られたカテゴリのうち「運動の実施頻度の
増加」「体力増強」「生活習慣の改善」「運動方法・
ルールの理解」「ストレス解消」は,高等教育機
関における体育の基本的目標(文部科学省保健体
育審議会,
1997
)と概ね同義の側面であると考
えられる.さらに,これまでに量的な研究手法に
よって見出された大学生の体育授業における効用
認知と類似した側面を含んでいると思われる.体
育授業を履修した大学生を対象として,清水ほか
2012
)は大学生
336
名に「大学生版体育授業用
効用認知尺度」を実施し,探索的因子分析により,
5
つの因子を抽出している.それらのうち「対人
関係促進」「気分の向上」「生活習慣改善」「運動
能力の向上」の項目の一部は本研究にて抽出され
たカテゴリに含まれるキーワードと類似してお
り,それぞれ「友人関係の形成・拡大」「楽しさ
の実感」「生活習慣の改善」「運動技術の習得・向
上」に相当すると思われる.また,本研究にて得
られたカテゴリにはこれらとは重複しない「運動
の実施頻度の増加」「体力増強」「コミュニケーシ
ョン能力の向上」「ストレス解消」の側面も含ま
れた.これらはこれまでに大学体育授業の効果を
量的手法により実証した研究(
e.g.
内田・神林,
2006
西田・橋本,
2009
)と一致するものと考
えられる.さらに,大学体育授業の主観的恩恵を
3636
西田ほか
テキストマイニングの手法を用いて包括的に捉え
ようとした本研究の独創的な試みにより,従来,
量的スケールを用いた研究では抽出されなかった
新たな側面(「運動方法・ルールの理解」および
「チームプレーの重要性の理解」)を見出すに至っ
た.これらは,他のカテゴリと比較して出現頻度
は少ないものの,生涯にわたる運動やスポーツの
実施を促す上では欠かすことのできない価値ある
側面であると考えられる.
抽出されたカテゴリの特徴を明らかにするため
性差を検討したところ,「友人関係の形成・拡大」
「運動の実施頻度の増加」「楽しさの実感」の出現
頻度は男子に比べ女子が多かった.元々,女子学
生は親しい友人とさえ「一緒にスポーツをする」
「外で遊ぶ」などといった「共有活動」の機会は
少なく(榎本,
1999
,また運動の実施頻度が低
く,運動・スポーツ離れが顕著に進んでいること
が示されている(正野ほか,
2010
.加えて,週
平均のスポーツ活動頻度の少ない大学生は運動の
楽しさを低く見積もる傾向を有していることから
(徳永・橋本,
1980
,大学体育授業の受講に伴
いこれらの側面の主観的恩恵が女子にてより多く
なったものと推察される.さらに,「生活習慣の
改善」「運動技術の習得・向上」では女子に比べ
男子の出現頻度が高いことが示された.女子に比
べ男子は,自己の生活習慣を良くないと感じ,生
活習慣の乱れを自覚しており(正野ほか,
2010
,大学体育授業の受講によりこの側面の主
観的恩恵をより多く認識した可能性がある.さら
に,大学体育授業においては運動技術の習得やレ
ベルの上達を図ることを目標として行われる
e.g.
森田ほか,
2009
)ことも多く,その中で運
動場面における何らかの達成の楽しさやいろいろ
な技術を身に付けたいとする志向(充実志向)は
男子が高いことが報告されており(上地ほか,
2012
,大学体育授業での運動・スポーツ実施の
捉え方や価値自体に性差があり,それらを如実に
反映したものと考えられる.
最後に,カテゴリを運動行動変容段階にて比較
したところ,概ね前熟考期と他の段階にて出現頻
度に差異が認められた.前熟考期にある者は大学
体育授業の受講により,「運動の実施頻度の増加」
は多く知覚していたものの,「友人関係の形成・
拡大」や「チームプレーの重要性の理解」,そし
て「生活習慣の改善」については少なく知覚して
いた.「前熟考期」にある者は,運動やスポーツ
を行っておらず,また今後の運動やスポーツの準
備性(レディネス)も備えていない.また,「前
熟考期」にある者はリスクのある行動について話
すことや考えることを避ける傾向を有しているこ
とが示唆されている(
Prochaska et al., 2008
したがって,本研究においても運動やスポーツに
関する思考や会話の機会がそれほど伴わず,運
動・スポーツの実施後の主観的恩恵を幅広く捉え
にくかったのかもしれない.なお,本検討のみで
は大学体育授業の主観的恩恵の運動行動への影響
性については正確に言及できないものの,運動行
動を行っていない前熟考期者に比して,運動行動
変容段階が上位にある者は主観的恩恵の大半を高
く見積もっていた.このことから,主観的恩恵の
見積もりは運動行動や運動行動意図と関連がある
可能性が示唆される.
主観的恩恵の抽出により期待される展開
大学体育授業に伴う受講者の影響は,これまで
研究者により仮説づけられた種々の側面の効果検
証により明らかにされてきたが,本研究では大学
体育授業の受講者の観点から,どのような主観的
恩恵を知覚しているのかについての検討を行っ
た.その結果,これまで指摘されていなかった複
数の主観的恩恵の側面(「運動方法・ルールの理
解」および「チームプレーの重要性の理解」)が
抽出された.今後は,見出された主観的恩恵のう
ち,受講者の目線からの価値ある側面をも強調し
た大学体育授業プログラムを考案し,積極的に実
践することが望まれる.その際,受講者がどのよ
うな主観的恩恵の側面をどの程度に知覚している
かを明らかにするため,包括的に主観的恩恵を捉
える評価尺度の作成も期待される.加えて,運
動・スポーツ習慣により主観的恩恵の知覚が異な
るといった知見から,今後は,非運動習慣者に対
して授業者は大学体育授業の受講に伴う主観的恩
3737
自然言語処理を用いた大学体育授業の主観的恩恵
恵の補足や追加により,運動・スポーツ実施の意
義や価値などを教育することが期待される.以上
のように本研究にて得られた知見は,今後の効果
的な大学体育授業の実践に関する教育・研究の発
展に寄与するものと考えられる.
本研究の限界と今後の課題
本研究はいくつかの限界と課題を有している.
1
に,本研究は大学体育授業全般の主観的恩
恵,すなわち大学体育授業の包括的な主観的恩恵
に焦点化し明らかにした.大学体育授業は,特定
の指導指針に沿って統一的に行われる訳ではな
く,大学毎の授業者の裁量によって授業内容が決
められている場合が多い.したがって個別的に見
れば,各授業の授業内容は異なり,そこから受講
者が得られる主観的恩恵も同一であるとは言い難
い.よって,今後は授業者の授業内容や授業目的
などに応じた主観的恩恵を受講者が知覚している
のか,または副次的な主観的恩恵に留まっている
のかについて検討していく必要がある.具体的に
は,シラバスに記載される学習目標や内容と主観
的恩恵とを組み合わせて,その対応関係を調べる
ことも有用であると思われる.
2
に,本研究では大学体育授業を受講した
直後のタイミングにて主観的恩恵を記述させたた
め,得られた主観的恩恵は短期的なものであるの
か,または長期的なものであるのかについての判
断にまで及んでいない.さらに,大学体育授業に
て得られた主観的恩恵は受講後における運動習慣
に結びつくのかどうかについての実証にも至って
いない.今後は,大学体育授業を受講した後の主
観的恩恵の持続性と共に主観的恩恵の運動行動や
運動意図,さらには運動行動を介した大学適応感
などへの影響性について検討する必要がある.
3
に,本研究では比較的多数の大学体育授
業の受講者に対して主観的恩恵を自由記述にて箇
条書きさせ,その記述を集約する手法を用いたた
め,表層的な主観的恩恵を抽出しているに過ぎな
いかもしれない.今後は大学体育授業の受講者よ
り対象者を絞って,半構造化面接やグループイン
タビューなどの方法により,より深層的な主観的
恩恵を抽出し,本研究の結果との相違について検
証することも必要と思われる.
以上のような複数の限界と課題を有するもの
の,従来,大学体育授業の受講者の主観的恩恵を
捉えようとした研究においては,質的データの煩
雑化や分析者による恣意性などの問題が存在し,
その内容を明確に見出すには至っていなかった.
本研究では,それらの問題を取り除く方法,すな
わち比較的大規模な対象者に自由記述形式による
包括的な主観的恩恵の調査を実施し,テキストマ
イニング法により分析を行った.このことによ
り,これまでに見過ごされてきたカテゴリを含む
10
カテゴリを抽出し,またその特徴を明らかに
したことは独創的な点であると考えられる.今
後,対象者の特徴を考慮した大学体育授業の有効
的な実施やその教育的発展に向けた有益な資料と
して活用されることが期待される.
.結 論
本研究では,比較的大規模のテキストデータか
ら知識を見出すテキストマイニングの手法を用い
て分析を行い,大学体育授業の主観的恩恵に関し
て頻出する形態素およびその係り受け関係が明ら
かになった.また,「友人関係の形成・拡大」「運
動の実施頻度の増加」「楽しさの実感「体力増強」
「コミュニケーション能力の向上」「生活習慣の改
善」「運動技術の習得・向上」「運動方法・ルール
の理解」「チームプレーの重要性の理解」「ストレ
ス解消」という大学体育授業の主観的恩恵につい
ての
10
カテゴリが抽出された.さらに,「友人関
係の形成・拡大」「楽しさの実感」「生活習慣の改
善」といったカテゴリにて,性および運動・ス
ポーツ習慣による出現頻度の差異が確認された.
以上より,従来,量的スケールでは見出されな
かった大学体育授業による主観的恩恵の新たな側
面の存在が確認された.さらに,性や運動習慣に
よって主観的恩恵が異なる可能性が示唆された.
これらから,生涯にわたる運動・スポーツ実施を
促すための価値ある側面に関する大学体育授業プ
ログラムの考案や実施の必要性,さらに性や運動
3838
西田ほか
習慣に応じて大学体育授業の受講に伴う主観的恩
恵の補足や追加を図り,運動・スポーツの価値を
教育する必要性などが示唆された.
謝辞
本研究の実施において山 大輔氏(群馬県ス
ポーツ協会),石田真規氏,小田切果奈氏,笹井
紀孝氏,多田光介氏(群馬大学大学院教育学研究
科)に多大なるご協力を賜りました.また,調査
の実施において多くの皆様方にご協力を頂きまし
た.心より感謝申し上げます.
付記
本研究は,日本学術振興会科学研究費補助金
(平成
24
26
年度 基盤研究(
B
)「行動科学に基
づく大学生の自己成長を促す独創的体育プログラ
ムの開発と検証」課題番号
24300213
研究代
表者橋本公雄)」の助成を受けて行われた.
文献
榎本淳子(
1999
)青年期における友人との活動と友人
に対する感情の発達的変化.教育心理学研究,
47:
180
190.
藤井美和(
2005
)テキストマイニングと質的研究.藤
井美和・小杉孝司・李 政元編著,福祉・心理・看
護のテキストマイニング入門.中央法規東京,
pp.
14
28.
橋本公雄(
2012
)わが国における大学体育授業の成果
研究.橋本公雄・根上 優・飯干 明編著,未来を
拓く大学体育―授業研究の理論と方法.福村出版
東京,
pp. 45
50.
橋本公雄・根上 優・飯干 明編著(
2012
)未来を拓
く大学体育―授業研究の理論と方法.福村出版東
京.
服部兼敏(
2013
)看護の言葉をマイニングする テキ
ストマイニング研究概論.看護研究,
46: 462
474.
いとうたけひこ(
2013
)テキストマイニングの看護研
究における活用.看護研究,
46: 475
484.
川嶋敦子
2012
言語の特徴を考慮したカテゴリ作成.
内田 治・川嶋敦子・磯崎幸子共著,
SPSS
によるテ
キストマイニング入門.オーム社東京,
pp. 26
51.
金明
2009
)テキストデータの統計科学入門.岩
波書店東京,
pp. 1
12.
木内敦詞(
2012
)健康づくりと友達づくりを行う体育
授業プログラム.竹中晃二編,健康と運動の心理
学.朝倉書店東京,
pp. 110
113.
木内敦詞・橋本公雄(
2012
)大学体育授業による健康
づくり介入研究のすすめ.大学体育学,
9: 3
22.
木内敦詞・中村友浩・荒井弘和(
2003
)健康行動実践
力の育成をめざした大学体育授業・授業時間内外の
課題実践を用いて.大学教育学会誌,
25
(
2
)
:112
118.
小泉昌幸・渋倉崇行・伊藤巨志(
2000
)大学体育授業
に対する学生の意識に関する一考察―本学学生の調
査から―.新潟工科大学紀要,
5: 75
80.
Levy, S.S. and Cardinal, B.J.
2006
Factors associat-
ed with transitional shifts in college students' physical
activity behavior. Research Quarterly for Exercise
and Sport, 77
(
4
)
: 476
485.
文部科学省(
2008
)中学校学習指導要領解説 保健体
育編.東山書房京都,
pp. 1
14.
文部科学省(
2012
)スポーツ基本計画.
http:
//
www.
mext.go.jp
/
component
/
a
_
menu
/
sports
/
detail
/_
icsFiles
/
aˆeldˆle
/
2012
/
04
/
02
/
1319359
_
3
_
1.pdf,
(参照日
2014
2
19
日)
文部科学省(
2013
)体力・スポーツに関する世論調査
(平成
25
1
月調査)
http:
//
www.mext.go.jp
/
com-
ponent
/
b
_
menu
/
other
/_
icsFiles
/
aˆeldˆle
/
2013
/
08
/
23
/
1338732
_
1.pdf,
(参照日
2014
2
19
日)
文部科学省保健体育審議会
1997
大学における体育・
スポーツ等生涯にわたる心身の健康の保持増進のた
めの今後の健康に関する教育及びスポーツの振興の
在り方について(保健体育審議会答申)
http:
//
www.mext.go.jp
/
b
_
menu
/
shingi
/
old
_
chukyo
/
old
_
hoken
_
index
/
toushin
/
1314691.htm,
(参照日
2014
2
19
日)
森田 啓(
2000
)大学体育の意義・役割に関する一考
察.大学体育研究,
22: 1
8.
森田 啓・林 容市・引原有輝・谷合哲行・西林賢武
2009
JABEE
に対応した教養教育としての体育授
業学習・教育目標の統一と教育実践.大学体育学,
6: 101
110.
村田真樹・小木しのぶ・高山泰博(
2008
)テキストマ
イニングの実践応用編.上田太一郎監修,事例で
学ぶテキストマイニング.共立出版東京,
pp. 31
116.
那須川哲哉(
2009
)テキストマイニングを使う技術/作
る技術 基礎技術と適用事例から導く本質と活用
法.東京電機大学出版局東京,
pp. 1
64.
西田順一(
2012
)大学生の水泳・水中運動における意
思決定バランスおよび主観的環境が行動意図に及ぼ
3939
自然言語処理を用いた大学体育授業の主観的恩恵
す影響.大学体育学,
9: 43
55.
西田順一・橋本公雄(
2009
)初年次学生の社会的スキ
ル改善・向上を意図した大学体育実技の心理社会的
有効性.大学体育学,
6: 91
99.
野守耕爾・北村光司・本村陽一・西田佳史・山中龍
宏・小松原明哲(
2010
)大規模傷害テキストデータ
に基づいた製品に対する行動と事故の関係モデルの
構築―エビデンスベースド・リスクアセスメントの
実現に向けて―.人工知能学会論文誌,
25: 602
612.
岡 浩一郎(
2000
)行動変容のトランスセオレティカ
ル・モデルに基づく運動アドヒレンス研究の動向.
体育学研究,
45: 543
561.
Oka, K., Takenaka, K., and Miyazaki, Y.
(
2000
)
As-
sessing the stage of change for exercise behavior
among young adults: The relationship with self-
reported physical activity and exercise behavior.
Japanese Health Psychology, 8: 17
23.
Prochaska,J.O.,Redding,C.A.,andEvers,K.E.
(
2008
)
The transtheoretical model and stages of change.
In:Glanz,K.,Rimer,B.K.,andViswanath.
(
Eds.
)
Health behavior and health education: theory,
research, and practice. Jossey-Bass: San Francisco,
pp. 97
121.
笹川スポーツ財団(
2012
)スポーツライフ・データ
2012
―スポーツライフに関する調査報告書―.笹川
スポーツ財団東京,
pp. 68
77.
笹川スポーツ財団(
2013
)青少年のスポーツライフ・
データ
2013
10
代のスポーツライフに関する調査報
告書―.笹川スポーツ財団東京,
pp. 62
65.
佐藤郁哉
2008
質的データ分析法原理・方法・実践.
新曜社東京,
pp. 45
58.
清水安夫・上野雄己・雨宮 怜・湯浅彩香・森 彩
乃・加藤以澄・沢口 翠(
2012
)大学体育のストレ
スマネジメント効果に関する研究―体育授業の効用
認知尺度とストレス反応尺度の開発による検討―.
神奈川県体育学会機関誌 体育研究,
45: 9
15.
杉山 進(
2010
)設置基準大綱化後の大学体育.日本
体育学会編,日本体育学会
60
年記念誌.日本体育学
会東京,
pp. 217
225.
正野知基・橋本公雄・根上 優・飯干 明・長岡良
治・西田順一・内田若希・角南良幸・柿山哲治・磯
貝浩久・杉山佳生・山本教人(
2010
)大学初年次生
の生活習慣の実態および健康状態.体育・スポーツ
教育研究,
11: 28
38.
徳永幹雄・橋本公雄(
1980
)体育授業の「運動の楽し
さ」に関する因子分析的研究.健康科学,
2: 75
90.
内田英二・神林 勲(
2006
)週
1
8
週間のサーキッ
トトレーニングが大学生の体力および感情に与える
影響.体育学研究,
51: 11
20.
上地広昭・森丘保典・尾山健太(
2012
)青少年期にお
ける運動志向性と行動変容技法の関係.体育学研究,
57: 455
469.
Wilcox, S., Ananian, C.D., Abbott, J., Vrazel, J.,
Ramsey, C., Sharpe, P.A., and Brady, T.
2006
Perceived exercise barriers, enablers, and beneˆts
among exercising and nonexercising adults with
arthritis: Results from a qualitative study. Arthritis &
Rheumatism, 55: 616
627.
全国大学体育連合(
2010
21
世紀の高等教育と保健体
育・スポーツ(資料編).全国大学体育連合東京,
pp. 32
37.
(
平成
26
6
10
日受付
平成
26
10
23
日受理
)
Advance Publication by J-STAGE
Published online 2014
/
12
/
26
... These results are similar to those obtained from physical education classes (Bailey et al., 2009;Nishida et al., 2015). Thus, the effects of physical education classes may provide positive, effective support to adjusting to university life. ...
... Conversely, other studies have been based on the viewpoints of the students and have explored the learning outcomes of physical education classes. Nishida et al. (2015) asked students who had taken such classes to look back on the experience and provide qualitative answers on the specific learning (benefits) associated with physical education classes. Results of this study included 872 keywords derived by sorting the collected language data by occurrence frequency, with "ability," "friends," "enjoyment," "exercise," and "body" the top keywords. ...
... Despite the value of these studies in qualitative categories, however, quantitatively evaluating the subjective benefits to the participants of physical education classes remains difficult, as does examining the relationship between subjective benefits and 7 other variables. Therefore, what is expected is an evaluation scale that quantitatively captures subjective benefits (Nishida et al., 2015). To date, Shimizu et al. (2012) have produced a unique Effective Cognition Scale for University Physical Education Classes. ...
Article
Maladaptation to university life by undergraduates has often been reported in recent years. Therefore, improvements in the provision of support for student is urgently required. Previous studies have indicated that physical education (PE) classes might provide effective opportunities for improving students’ adjustment to universities. The purposes of this study were to develop a scale for quantitatively evaluating perceived benefits of PE in university students and to verify its reliability and validity. Then, the effects of perceived benefits of PE on adjustment to university life were examined by using this scale. A questionnaire survey was conducted with university freshmen (n=2,412) that were enrolled in four-year universities and were taking PE classes. The survey questions consisted of items for developing the assessment scale, and a school adjustment scale. The “Perceived Benefits Scale of university First-Year PE classes (PBS-FYPE)” through exploratory factor analysis. The scale consisted of following sub-scales: “Acquisition of motor skills and training methods,” “Understanding the importance of cooperative play and improvement in communication skills,” “Stress coping and arousal of positive feelings,” “Improvements in physical fitness and physical activities,” and “Establishment of regular lifestyle habits.” Subsequent analyses confirmed the adequate internal consistency and criterion-related validity of the scale, as well as its reliability and validity. Next, the effects of perceived benefits of PE on adjustment university life were examined by multiple group structural equation modeling taking part in individual and group sporting events. Results indicated “the sense of comfort” was relatively well explained in both groups by the value of the explanatory variables. Moreover, higher scores for “Understanding the importance of cooperative play and improvement in communication skills” were associated with a higher scores for “the sense of comfort”. This effect was stronger in group, compared to individual activities. Finally, limits of this study and future issues including the investigation of factors related to the scale and the necessity for longitudinal research are discussed.
... Moreover, textbook mining technology is also used for university education and training. For example, a questionnaire survey was conducted among college PE students to investigate the subjective benefits of College PE (Nishida et al., 2015). Park et al. (2017) using the method of text mining to analyze the dance images held by college students who choose dance courses. ...
Article
The 2020 Tokyo Olympics and Paralympics Games referred to as “Recovery Olympics” are supposed to encourage in recovery of the Tohoku regions affected by the 3.11 Great East Japan Earthquake. Tsukuba International Academy for Sport Studies established in 2015 as part of SPORT FOR TOMORROW initiative under Japan Sports Agency has since been holding Olympic education program every year at Rikuzentakata City, one of the disaster-affected areas. However, few studies have examined the contents of Olympic (or Paralympic) education in these areas. Therefore, this study shares knowledge through practice of Olympic education in a high school with an aim to suggest better practice in the area for its continuation post-2020. In 2019, an Olympic education class for 120 high school students was conducted followed by an open-ended questionnaire survey to the students. Questions consisted of: i) impressions of the class, ii) image of Tokyo 2020 Games, iii) current self-challenges and regional issues, and iv) how to use the Olympics. Text mining the obtained data revealed that respondents had a positive image of the Tokyo 2020 Games. Self-challenges and regional issues associated with reconstruction were clarified in answers to the survey, where some respondents revealed their future designs to contribute towards the development of local community. Some respondents also connected the class learning contents to providing solutions for local issues. Overall, the findings as discussed in this study were considered as useful knowledge for future practical Olympic education.
Article
Full-text available
Maladaptation to university life by undergraduates has often been reported in recent years. Therefore, improvements in the provision of support for students is urgently required. Previous studies have indicated that physical education (PE) classes might provide effective opportunities for improving students' adjustment to university. The purposes of this study were to develop a scale for quantitatively evaluating the perceived benefits of PE in university students and to verify its reliability and validity. The effects of perceived benefits of PE on adjustment to university life were then examined using this scale. A questionnaire survey was conducted with university freshmen (n=2,412) who were enrolled in four-year universities and were taking PE classes. The survey questions consisted of items for developing the assessment scale, and a school adjustment scale. The “Perceived Benefits Scale in university First-Year PE classes (PBS-FYPE)” were developed resulted in exploratory factor analysis. The scale consisted of the following sub-scales: “Acquisition of exercise skills and training methods,” “Understanding the importance of cooperative play and improvement in communication skills,” “Stress coping and arousal of positive feelings,” “Improvements in physical strength and physical activities,” and “Establishment of regular lifestyles.” Subsequent analyses confirmed the adequate internal consistency and criterion-related validity of the scale, as well as its reliability and validity. Next, the effects of the perceived benefits of PE on adjustment to university life were examined by multiple group structural equation modeling for students taking part in individual and team sporting events. The results indicated that “sense of comfort” was relatively well explained in both groups by the value of the explanatory variables. Moreover, higher scores for “Understanding the importance of cooperative play and improvement in communication skills” were associated with a higher scores for “sense of comfort”. This effect was stronger for team events than for individual events. Finally, the limits of this study and future issues including the investigation of factors related to the scale and the necessity for longitudinal research were discussed.
Article
本研究は, 青年期の友人関係の発達的な変化を明らかにすることが目的である。青年期の友人関係を友人との「活動的側面」と友人に対する「感情的側面」の2側面から捉え, これらの関連とそれぞれの発達的な変化を質問紙を用いて検討した。対象者は中学生 (326名), 高校生 (335名), 大学生 (247名) の計 908名であった。因子分析の結果, 活動的側面については4因子 (「相互理解活動」, 「親密確認活動」, 「共有活動」, 「閉鎖的活動」) が見いだされた。発達的変化としては, 男子は友人と遊ぶ関係の「共有活動」からお互いを尊重する「相互理解活動」へと変化し, 女子は友人との類似性に重点をおいた「親密確認活動」から他者を入れない絆を持つ「閉鎖的活動」へと変化し, その後「相互理解活動」へ変化した。感情的側面については, 因子分析から5因子 (「信頼・安定」, 「不安・懸念」, 「独立」, 「ライバル意識」, 「葛藤」) が見出された。また, 発達的変化は, あまり見られなかった。2側面の関連については, どの活動的側面も感情的側面の「信頼・安定」と関連しており, 親しい友人とは信頼し安定した感情で友人関係を築いていることがわかった。また, 活動的側面の「親密確認活動」は主に感情的側面の「不安・懸念」と関連しており, 「相互理解活動」は「独立」と関連していた。
Article
This study was conducted to clarify the influence of circuit training carried out once a week on the mood state and physical fitness of college students. Thirty-five healthy college students (6 males, 29 females) participated. Students completed an exercise set consisting of six items, and repeated these in sets of three during physical education class once per week for 8 weeks. The effect of the training was evaluated by comparison of the maximal repetition (MR) values in the maximum score test (MST) carried out one week before and one week after a training period. Mood state was determined by Mood Check List-Short Form 1 (MCL-S.1), by which mood state is assessed as a pleasant feeling, a relaxed feeling, and a feeling of anxiety. The students made these assessments immediately before and 5 minutes after every exercise. The influence of the physical fitness level was assessed in female students with high TS values (HG, n=6) and in female students with low TS values (LG, n=6). All of the MR values in the MSTs and the height of a vertical jump were increased significantly after the training period. The results of repeated measures ANOVA performed on data obtained from all of the students showed that the pleasant feeling score increased significantly after the exercise (p<0.05), whereas the relaxed feeling and the feeling of anxiety scores did not change. The mood state scores before and after exercise did not show a significant difference between the HG and the LG. The pleasant feeling scores for both groups were positive in both the HG and LG, indicating that the exercise resulted in a desirable mood state. These results showed that the circuit training program was effective for increasing the level of physical fitness and that it improved the pleasant feeling of individuals, regardless of their physical fitness level.
In Japan, childhood injury prevention is urgent issue. Safety measures through creating knowledge of injury data are essential for preventing childhood injuries. Especially the injury prevention approach by product modification is very important. The risk assessment is one of the most fundamental methods to design safety products. The conventional risk assessment has been carried out subjectively because product makers have poor data on injuries. This paper deals with evidence-based risk assessment, in which artificial intelligence technologies are strongly needed. This paper describes a new method of foreseeing usage of products, which is the first step of the evidence-based risk assessment, and presents a retrieval system of injury data. The system enables a product designer to foresee how children use a product and which types of injuries occur due to the product in daily environment. The developed system consists of large scale injury data, text mining technology and probabilistic modeling technology. Large scale text data on childhood injuries was collected from medical institutions by an injury surveillance system. Types of behaviors to a product were derived from the injury text data using text mining technology. The relationship among products, types of behaviors, types of injuries and characteristics of children was modeled by Bayesian Network. The fundamental functions of the developed system and examples of new findings obtained by the system are reported in this paper.
Article
Rates of participation in regular exercise are lower among individuals with arthritis than those without arthritis. This study examined perceived exercise barriers, benefits, and enablers in exercising and nonexercising adults with arthritis. Twelve focus groups were conducted with 68 adults with arthritis. Groups were segmented by exercise status, socioeconomic status, and race. Focus group discussions were transcribed verbatim and coded. NVivo software was used to extract themes for exercisers and nonexercisers. A wide range of physical, psychological, social, and environmental factors were perceived to influence exercise. Some of these factors were similar to those in general adult samples, whereas others were unique to individuals with chronic disease. Symptoms of arthritis were barriers to exercise, yet improvements in these outcomes were also seen as potential benefits of and motivations for exercise. Exercisers had experienced these benefits and were more likely to have adapted their exercise to accommodate the disease, whereas nonexercisers desired these benefits and were more likely to have stopped exercising since developing arthritis. Health care providers' advice to exercise and the availability of arthritis-specific programs were identified as needs. This study has implications for how to market exercise to individuals with arthritis and how communities and health care professionals can facilitate the uptake of exercise. These implications are discussed.
Article
The Transtheoretical Model (Prochaska & Marcus, 1994) has been widely used as a framework for understanding exercise behavior change. The purpose of this study was to clarify equivocal research findings reported for model predictions when examining stage movement over time rather than static stages and to provide some evidence of the construct validity of transitional stages. Participants were female (n = 285) and male (n = 243) undergraduates (M age = 19.9 years, SD = 2.7) who completed previously validated questionnaires twice, separated by 9 weeks, that assessed stage of change, exercise behavior, processes of change, pros and cons of exercise, and exercise self-efficacy. Participants were classified into one of five transitional shift groups based on their responses at baseline and follow up: (a) stable sedentary, (b) stable active, (c) activity adopters, (d) activity relapsers, and (e) perpetual preparers. Results of a 5 (group) x 2 (time) repeated measures (RM) analysis of variance (ANOVA) examining exercise behavior revealed a significant interaction (p < .001) and supported transitional stage classification, with activity adopters and stable actives increasing exercise over time and relapsers decreasing activity. Separate 5 (group) x 2 (time) RM ANOVAs examining model constructs revealed no significant interaction for cognitive processes of change; however, activity adopters and stable actives reported significant (p < .01) increases in the use of behavioral processes over time, while only the activity relapsers and perpetual preparers reported decreases. Activity relapsers also reported significant (p < .05) decreases in the pros of exercise. No significant interactions were found for the cons of exercise behavior. Unlike findings reported in cross-sectional studies, increases in self-efficacy did not accompany increases in exercise stage. The findings strongly support examination of stage movement classifications rather than static stages, as these transitions provide greater insight into the mechanisms of exercise behavior change.
Assessing the stage of change for exercise behavior among young adults: The relationship with self-reported physical activity and exercise behavior
  • K Oka
  • K Takenaka
  • Y Miyazaki