Takayo Inoue

Takayo Inoue
Meiji Gakuin University · Department of Psychology

About

123
Publications
19,409
Reads
How we measure 'reads'
A 'read' is counted each time someone views a publication summary (such as the title, abstract, and list of authors), clicks on a figure, or views or downloads the full-text. Learn more
20
Citations

Publications

Publications (123)
Poster
Full-text available
【問題と目的】 2006年に自殺対策基本法が施行されたが、自死遺児(以下遺児)への支援は十分でない。社会的スティグマや、親が自死であると知らされていない「情報や意思疎通のゆがみ」(大倉,2016)などの問題があり、そもそも遺児の存在が見えにくい。とりわけ、社会的スティグマの付与はセルフスティグマとなり、自尊心や自己効力感を低下させる要因となるため、子どもの発達上の危機と言え、支援が急がれる。水津(2011)は、遺児の手記『自殺って言えなかった。』(自死遺児編集委員会・あしなが育英会,2002)を対象に、「悲嘆(grief)」をめぐる遺児の「語り」の変容可能性について検討し、語りの特徴を見出すとともに、スティグマにより、封じられていた“語り”が可能になった理由が明らかにされていない点を問題にし...
Conference Paper
Full-text available
[Purpose] We organized a 90 minutes colonial conflict education program session with an animation movie as a part of university seminar class. The aim of the present study was to evaluate the program by analyzing 14 participants’ responses to an open-ended questionnaire. [Methods] The program consisted of five parts: (1) Pre-jigsaw session: Instruc...
Article
Full-text available
2006年に自殺対策基本法が施行され、自死が社会問題として認識されるようになったが、自死遺児(以下遺児)への支援は緒についたばかりである。社会における自死へのスティグマは根強く、周囲の大人の対応によって、遺児はそれを内在化せざるを得ない環境に置かれている。遺児の経済的支援と自助グループによる心のケアを行っているあしなが育英会で活動する遺児たちが体験を綴った手記は、その内面を知る貴重な資料である。手記をテキストマイニングによる量的分析及び原文参照による質的分析した結果、セルフスティグマを抱えながらも、仲間と支え合う場によってリカバリーの過程にあること、すなわち自己開示―発見―回復(UDR-Peer)サイクルを見出すことができた。
Conference Paper
Full-text available
[Background/rational] We organized a conflict transformation program with animation movies as a part of remedial course for elementary and secondary teachers to update their license. The aim of the present study was to introduce and evaluate the program session by analyzing 47 participants’ visual works and their answers to open-end questions. [Met...
Conference Paper
Full-text available
[問題と目的] 表現セラピーは「絵やコラージュ、粘土や造形といった視覚(ビジュアル)アートや、身体を使った表現、声や音楽、詩や散文、物語を書く、ドラマを演じるなど、様々な表現を用いる統合的な芸術療法」などと定義されている(小野,2005)。表現セラピーは、病院、学校などにおいて、様々なクライエントを対象に実施されており(Case, 1992など)、現代の日本が抱える大きな問題の一つである、トラウマケアにも用いられている(井上・いとう・福本・エイタン, 2016など)。しかし、日本においては、表現セラピーについて、系統的に学ぶ機会がほとんどないのが現状である(関, 2008)。そのような中で、Japan International Center for Trauma-care and Emer...
Conference Paper
Full-text available
I. Purpose Due to repeated national disasters in Japan, there is a growing need for psychological care professionals of PTSD / trauma. However, there is a lack of experts as well as training programs for professionals in these fields (Inoue, T.; Ito, T. et.al., 2016). This program was aimed for providing opportunities of experienced-based training...
Article
Full-text available
自然災害・事故など予測しがたいことに遭遇する可能性も多い今日、被災者および援助者のトラウマケア(リカバリー)/PTSD予防については、重要な臨床的課題である。本稿では2011年3月の東日本大震災後、イスラエルの専門家との連携により、JISP(日本イスラエイド・サポート・プログラム)が5年間余にわたりおこなってきた心理社会的支援のうち、主に①ヒーリングジャパン・プロジェクトと②「東北の声」プロジェクトの活動についてコミュニティ再生の視点から考察する。 JISPの支援活動について、筆者らは実践内容を詳細に記録し、ワークショップ参加者の感想文や「語り」の分析研究をおこなってきた。結果として、被災者にはつらい体験後であっても「心的外傷後成長」(PTG)が多く認められること、また、援助する側にも「援助...
Conference Paper
Full-text available
Since March 2011, IsraAID and Japan IsraAID Support Program (JISP) have trained over 2000 Japanese survivors, disaster workers and professionals in Psycho-Social techniques in Tohoku by using a variety of expressive therapies to cope with trauma and prevent PTSD and increase posttraumatic growth (PTG). IsraAID and JISP also have interviewed more th...
Conference Paper
Full-text available
PAC分析のPACとは, Personal Attitude Construct (個人態度構造)の略称であり,個人別に態度構造を測定するために内藤(1993,1994)によって創造・開発された事例研究法である。この分析法は,(1)当該テーマに関する自由連想(アクセス), (2)連想された項目間の被験者による類似度評定,(3)類似度距離行列によるクラスター分析, (4)被験者によるクラスター構造のイメージや解釈の報告, (5)実験者による総合的解釈を通じて,個人ごとに態度やイメージの構造を分析する手法である(内藤, 1997)。本セッションでは,質的方法と量的方法を統合したその理論と実施上の具体的手法をお伝えしたい。
Article
Full-text available
The number of people living with HIV/AIDS in Japan has been increasing. It is essential to plan and implement effective preventive intervention programs in the community level to prevent further increase. In the present study, a scale for measuring individual differences in self-image at the assumed time of HIV infection, HIV Self-Image Scale (HIVS...
Conference Paper
Full-text available
学校内のコンフリクトを解決するための方法としてコンフリクト・リゾリューション教育または紛争解決教育(CRE)がある。 はじめに大阪の公立高校のピア・メディエーションを支援している水野氏にその実践を紹介してもらう。 次に、北欧で発展しているSABONAプロジェクトを室井氏に紹介してもらう。 応用心理学の理論的な問題として、杉田氏には、平和心理学の立場から報告をしてもらう。 また、臨床心理学の問題としてコンフリクト解決をどう捉えるかの報告を井上氏にお願いする。 最後に社会心理学の立場からコンフリクト研究をされている大渕氏からコメントを頂く。
Article
Full-text available
The purpose of this paper is threefold. First, a brief explanation of the history of community psychology development in Japan was presented. Second, I proposed the integration of community psychology and multicultural counseling theories, which resulted in my theoretical framework , Macro Counseling. Finally, different areas of counseling in relat...
Conference Paper
Full-text available
Rape Myth Acceptance (RMA) refers to one's attitudes and beliefs that tend to minimize the psychological impacts of the rape victims by blaming the victims themselves. The purpose of the present study is to compare the results of judgments of rape scenarios among the Japanese college sample with those of the Spanish college sample in reference to t...
Article
Full-text available
芳津(2008)の育児観の夫婦比較の研究を進めるに当たり、PAC分析を拡張した新しい顛度構造分析の方法を開発した。これを第1著者、第2著者第3著者の姓名のイニシャルを組み合わせてHlTY(ハイティーと発音)法名付けた。英語では、その発音と対話という特徴を生かす意味からHighTeaMethod(午後の紅茶法)と命名した。HITY法は(1)あるテーマについて要素(EIement)と構成概念(Construct)を作成し、(2)各構成概念に対する要素の重要度を評定し、(3)評定されたデータから距離行列を作成し、その距建行列をクラスター分析と多次元尺度法(MDS)により統計処理し、その結果を樹形図(デンドログラム)と布置図として表現し、(4)その布置図に基づいて研究協力者と研究者が対話により、布置...
Article
Full-text available
留学生の中途退学者の全国調査 伊藤武彦* 井上孝代** A Survey of International Students' Dropout Problems in Japan Takehiko ITO Takayo INOUE The purpose of this study was to investigate how international students in Japanese higher education drop out from universities. A questionnaire on the dropout of international students was mailed t0 411 institu- tions. Three hundred...
Article
The aim of the present study is to prove that the use of PAC Analysis will enhance and facilitate counseling effects. Eleven functions were hypothetically presented: (1a) Intake Facilitation Function, (1b) Self-Disclosure Facilitation Function, (1c) Trust Formation Function, (1d) Dialogue Development Function, (2a) Mutual Understanding Function, (2...
Article
Full-text available
The aim of the present study is to prove that the use of PAC Analysis will enhance and facilitate counseling effects. Eleven functions were hypothetically presented: (la) Intake Facilitation Function, (lb) Self-Disclosure Facilitation Function, (lc) Trust Formation Function, (id) Dialogue Development Function, (2a) Mutual Understanding Function, (2...
Article
Full-text available
The aim of the present study was to show relationship between acculturation attitudes and mental health of international students in their first year in Japan. Of 53 new international students at a university, 50 (36 male and 14 female), 19.2 years old on average, completed a questionnaire in May (one month after the arrival), October (six months l...

Network

Cited By

Projects

Projects (8)