Takashi Koga

Takashi Koga
Tenri University · Center for Liberal Arts Education and Research

Master of Library Science, M.A. in Education

About

63
Publications
7,161
Reads
How we measure 'reads'
A 'read' is counted each time someone views a publication summary (such as the title, abstract, and list of authors), clicks on a figure, or views or downloads the full-text. Learn more
64
Citations
Citations since 2017
19 Research Items
12 Citations
20172018201920202021202220230123456
20172018201920202021202220230123456
20172018201920202021202220230123456
20172018201920202021202220230123456
Introduction
Prof. Koga's research interest includes legal and policy issues on access to government information, and collaboration of museums, libraries and archives (MLA). Before his current position at Tenri University, he served as assistant professor at the National Institute of Informatics (Tokyo, Japan) and associate professor at the Research and Development Laboratory (R & D Lab), Kyoto University Library (Kyoto, Japan).
Additional affiliations
April 2017 - present
Tenri University
Position
  • Professor (Full)
Description
  • Research on library and information science, archival science, records management, government information, etc.
October 2015 - March 2016
Kyoto University
Position
  • Lecturer
Description
  • Teaching library and information technology.
April 2015 - present
Doshisha University
Position
  • Lecturer
Description
  • Teaching government information issues.
Education
August 2000 - May 2002
Syracuse University
Field of study
  • Library Science
April 1999 - March 2004
The University of Tokyo
Field of study
  • Life-long Education and Library and Information Science
April 1997 - March 1999
The University of Tokyo
Field of study
  • Life-long Education and Library and Information Science

Publications

Publications (63)
Presentation
Full-text available
This presentation investigated the cause and background of the gap concerning digital archives in Japan and abroad. The presenter suggested that the main cause was the lack of understanding of evidential values in archives among stakeholders of digital archives in Japan. This presentation will also discuss certification programs for “digital archiv...
Conference Paper
Full-text available
Collaboration and/or convergence of libraries, archives and museums (hereafter LAM) is one of the important topics of LAM communities worldwide, as shown by the activities of the IFLA Governing Board Working Group on Convergence. While the topic of LAM collaboration has been discussed extensively in recent years in Japan, the potential and actual c...
Article
Full-text available
The 5th Shanghai (Hangzhou) International Library Forum. Hangzhou Public Library, Hangzhou, China, Aug. 24-27, 2010. Japan has recently undergone a radical change in policy concerning access to government information and the role of libraries and archives. Among these, the most prominent policy initiatives are listed below. 1. Enactment of the Publ...
Article
Full-text available
Archives and Records Association of New Zealand (ARANZ) 2007 Conference, Auckland, New Zealand, Jul. 12-14, 2007. "The authors conducted a research on the records management activities in the United Nations (UN) through an investigation of the UN website and a field research at the Archives and Records Management Section (ARMS) at the UN Headquarte...
Article
Full-text available
Archives and Records Association of New Zealand (ARANZ) 2007 Conference, Auckland, New Zealand, Jul. 12-14, 2007. Despite the tradition of maintaining official and private archives since around the eight century, the development of modern archives in Japan was hampered until recently. The following posed huge obstacles to the development: (1) poor...
Presentation
Full-text available
米国アーキビスト協会(SAA)2022年次大会、および、国際博物館会議(ICOM)2022年大会につき、日本からオンライン参加した立場からの報告(両大会ともハイブリッド開催)。前者は米国の公文書管理の問題と「アーキビストの無償労働」をめぐる議論について、後者は音楽学関連のデジタル・ヒューマニティーズの成果のひとつたる"musiXplora"について、それぞれ紹介した。
Presentation
Full-text available
標記勉強会での話題提供の資料。「アーカイブズの基礎」として、「組織の中での各々の業務として、どのようなことが行われているか。またその業務の中で、どのような文書・記録・資料が作成されているか」という点を、重要なポイントに掲げた。その中で、「学校アーカイブズ」を参照例としつつ、話題提供と議論の素材とすることを試みた。
Presentation
Full-text available
報告者は2021年夏に、ARLIS / UK & Ireland(英国・アイルランド美術図書館協会)、SAA(米国アーキビスト協会)、IFLA(国際図書館連盟)と、それぞれの海外協会のオンライン年次大会に参加した。本報告では、ARLIS / UK & Ireland年次大会で紹介された世界美術史の新刊図書や、IFLA年次大会で取り上げられた音楽関連の多様な情報源など、3つの会議で印象的なトピックを紹介した。あわせて、今後の関連国際会議の開催予定なども、最後にまとめた。
Presentation
Full-text available
天理大学における講演者自身の教育・研究活動や、天理大学情報ライブラリーの活動を踏まえつつ、コロナ禍および「ポストコロナ」の状況における大学図書館のあり方について論じた。講演者がかねてから論じている「大学における情報・情報資源の多様化」に、大学DXの潮流、また個人情報保護法の2021年改正(大学ほか「学術研究機関」にも、原則として個人情報取扱事業者としての義務を課す)も加わる中での、データ管理の新たなあり方への対応が、今後の課題のひとつとなる、とした。
Presentation
Full-text available
2020年7月下旬より完全オンライン形式で実施された標記大会につき、アート方面の企画や、関連会議の今後の状況、また日本からの参加をめぐる個人的実感などもまじえ、報告した。
Presentation
Full-text available
日本におけるデジタルアーカイブの現状と課題につき、ジャパンサーチという現状の到達点や、仕様書をめぐる問題、またボーンデジタル記録・情報のアーカイブに関する国際的動向(特に米国)との比較なども織り交ぜながら、講義を行った。
Presentation
Full-text available
日本のデジタルアーカイブのポータルサイト「ジャパンサーチ」を活用するワークショップに際し、教材あるいは「地域の課題解決のためのコンテンツ」の作成にあたって留意すべき点について、国内外の動向に基づき提示した。なお、当日のその他の発表資料含め、下記リンク先もあわせて参照いただきたい。 https://lab.ndl.go.jp/event/udc2020/
Presentation
Full-text available
図書館と文書館・アーカイブズの相違点について、LAM(MLA)連携、オーストラリアでの議論、「整理・記述」の側面から述べた後、共通点(あるいは境界を引くのが難しい領域)として灰色文献に相当するものを挙げ、「残す/捨てる」の判断という点が連携の契機のひとつになり得ると論じた。
Presentation
Full-text available
国立公文書館による「アーキビストの職務基準書」(2018年12月)に基づく「アーキビスト(文書館専門職)」の認証制度(2020年度より運用開始)や、文化庁および文化審議会博物館部会による博物館振興政策の動向、国際博物館会議(ICOM)2019年京都大会などを紹介しつつ、図書館・文書館・博物館の連携として考えるべき方向を論じた。 【訂正】p. 8 スライド29番「2020年4月時点で、[日本アーカイブズ]学会登録アーキビストは計73名」は、「計77名」が正しいです。
Presentation
Full-text available
2年ぶり3度目の参加となった米国アーキビスト協会(SAA)年次大会の参加報告。今回は「一次資料を用いた教育」に関するアンカンファレンス(参加者どうしの自由討議)などの大会企画に参加したのに加え、オースティン市内のテキサス州立歴史博物館、ジョンソン大統領記念図書館などの施設見学、また滞米中に見聞した出来事なども印象深いものとなり、これらの模様をまとめた。
Presentation
Full-text available
本フォーラムの第3部「OpenGLAMの可能性を再度考える」のテーマに即し、「歴史系博物館・歴史情報学」「美術館・アート」それぞれの国内動向を、各館や関連団体の取り組み・ウェブ発信や、刊行物の情報を含めて確認し、課題を挙げた。これらを踏まえ、「今後の日本のGLAM領域でのオープン化の戦略」として、新学習指導要領、特に高校地歴科目において、「資料を用いる学び」が強調され、デジタルアーカイブの活用もうたわれていることに注目し、「教育・教材としての展開」「教育活動に携わる人びと(学校教員に限られない)に対する研修」が重要なカギになる、と主張した。
Presentation
Full-text available
標記大会につき、ドキュメンテーション国際委員会(CIDOC)の年次会議の模様を中心に報告。発表者自身の同会議での基調講演、大塚国際美術館(徳島県鳴門市)とそこでのCIDOCオフサイト・ミーティングの模様、IFLA(国際図書館連盟)・ICA(国際アーカイブズ評議会)それぞれの大会との比較を含めた本大会全体の印象、など。
Presentation
Full-text available
It provided a brief introduction of museum documentation, in terms of (1) publications and translations, including a former version of CIDOC CRM, and (2) current projects, interests and issues, including Japan Search and ColBase (Integrated Collections Database of the National Museums, Japan).
Article
Full-text available
政府情報アクセスを担う専門職、すなわちアーキビスト、図書館司書、レコード・マネジャーなどの育成と、デジタルアーカイブとの関わりについて考察する一助とすべく、2017年にワシントン大学(米国シアトル)とブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ・バンクーバー)での教育活動について訪問調査を行った。その結果、デジタルアーカイブ上にある既存の政府刊行物の共有や、新たなデジタル情報技術の活用など、日本での専門職教育の示唆となり得る点を見出すことができた。
Presentation
Full-text available
Report on the World Library and Information Congress: 84th IFLA (International Federation of Library Associations and Institutions) General Conference and Assembly, Kuala Lumpur, Malaysia, Aug. 24-30. The presenter read his paper "Issue-oriented strategies or extensive infrastructure for digital scholarship? The policy, practices and projects of Ja...
Conference Paper
Full-text available
This article describes reviews, topics, and possible solutions in relation to the policy, practices and projects surrounding Japanese digital archives/libraries. In this context, the concept of digital archives is preferred over digital libraries, not only in Japan, but also worldwide. From the author's perspective, the most problematic issue of Ja...
Poster
Full-text available
オープンデータなど「政府情報の多様化」を踏まえ、政府情報に関するデジタル・アーカイブのあり方について考察した。「政府情報の多様化と流通」に関する、発表者(古賀)なりの概念図を含む。
Article
IFLA Satellite Pre-Conference Open Access to Scientific Information: Trends, Models and Strategies for Libraries. Chania, Crete, Greece, 2010-08-06/08, IFLA’s Science and Technology Libraries and Health and Biosciences Sections, 2010. テーマは「機関リポジトリに論文を登録すると登録しなかった場合より引用される回数は増えるか」と「機関リポジトリで論文が公開されてしまうと出版者の電子ジャーナルの方はアクセスされなくなるのか」
Article
World Library and Information Congress
Article
Full-text available
"Government information is an important part of the “knowledge infrastructure” of a government’s citizens, in the way such information provides a reliable knowledge base relating both to laws and to everyday life. In addition, government information forms part of the historical and cultural heritage and serves as a means of accountability for curre...
Article
Fast climate (Fudo) and slow information
Article
NISO Framework Advisory Group. A Framework of Guidance for Building Good Digital Collections. 2nd edition. Bethesda, National Information Standards Organization, Nov. 2004.
Article
Thinking of “Lifecycle of information”
Article
Information retrieval is “to know oneself”
Article
Supported by the development of information technology, the Japanese government is facilitating access to its information and taking steps toward electronic government. The policy initiatives concerning access to government information are divided into five areas: promotion of IT use in internal administrative activities, the Information Disclosure...
Chapter
Full-text available
アメリカの公共図書館におけるインターネット接続を支える法制度について、1998年から実施された“E-rate”という補助金プログラムなど、連邦レベル・地方レベルでの取り組みを概観した。また、John Carlo Bertot教授(現・メリーランド大学)らによる継続的調査の内容も紹介した。
Article
Full-text available
12 policy statements, in which 4 are during the former, 3 during the middle, 5 during the later Occupation Period (1945-1952) in Japan, are analyzed to investigate the course of library policies at the Education Division of the Civil Information and Education Section (CIE). General Headquarters, Supreme Commander of the Allied Powers (GHQ/SCAP). In...
Article
Full-text available
World Library and Information Congress: 71st IFLA General Conference and Council. Oslo, Norway, Aug. 14-18, 2005. Errata:* p. 6, l. 6 [Apr. 2004 --> Apr. 2005], * p. 10, ref. 9 [the national archives in Canada and New Zealand --> the national archives in Canada and Australia] This paper attempts to present an overview of and discuss innovations in...
Article
Full-text available
World Library and Information Congress: 72nd IFLA General Conference and Council. Seoul, Korea, Aug. 20-24, 2006. "The Japanese government has been developing infrastructures and services for electronic government since 2001. One of the challenges identified in this regard is to ensure “accessibility” or to enable everyone, including the elderly an...
Article
京都大学図書館機構平成20年度第3回講演会「図書館の目指す先に見えるもの-図書館の未来戦略・未来地図-」講演資料(2009年2月23日)
Article
Full-text available
15th Biennial Conference of the Japanese Studies Association of Australia (LibraryForum), Session 1. Australia National University, Canberra, July 2, 2007. In Japan, electronic government has been developed since the enforcement of the Information Disclosure Act and the formulation of the e-Japan Strategy, both in 2001. Such electronic government p...
Article
Full-text available
Japan-U.S. Archives Seminar "Access to Archives: The Japanese and American Practices," University of Tokyo, Tokyo, Japan, May 9-11, 2007.
Article
Full-text available
雑誌掲載時に省略された注を追加。
Article
DRF技術ワークショップ(技術と研究が出会うところは)発表資料(2009年9月7日、京都大学附属図書館)
Article
Full-text available
情報・システム研究機構シンポジウム「情報とシステム2008:社会のイノベーションを誘発する情報システム」発表ポスター(2008年11月5日、東京・学術総合センター)
Article
第129回記録管理学会例会発表(2009年12月19日、大阪・富士ゼロックス)
Article
当論文に以下の誤りがありましたので、おわびして訂正致します。* p. 180 左段 1行目 [(誤) 米国では18世紀より、政府刊行物を… →(正) 米国では19世紀より、政府刊行物を…] * p. 183 図1のキャプション [(誤) 出典:Gibson, Ameria N. → (正) 出典:Gibson, Amelia N.]
Article
本資料は、東洋大学 文学部・社会学部(イブニングコース)2006年度秋学期の科目「専門資料論」で用いた内容をもとにしています。 長らく、前勤務先(国立情報学研究所)のサイトにて公開しておりましたが、転出を期に、「KURENAI」に移設の上、公開致します。 本資料の内容は2006年10月-2007年1月当時のものである、という点にご注意下さい。本資料の内容に基づくいかなる損害についても、古賀崇は一切責任を負いません。何とぞご了承下さい。 本資料の利用については、以下のライセンスによって許諾されます: Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported <http://creativecommons.org/li...
Article
日本アーカイブズ学会2010年度大会 自由論題研究発表 (2010年4月25日, 学習院大学)
Article
2010年度私立大学図書館協会国際図書館協力シンポジウム・パネル発表 (2010年5月14日, 青山学院大学青山キャンパス)

Network

Cited By

Projects

Projects (2)
Project
The project focuses on policy, activities, and challenges on usage of new information technologies in the fields of libraries, archives, records management, and other related ones. It includes application of digital forensics and block chain, and related systems and software such as Archivematica and Bitcurator. This project receives the grant of JSPS KAKENHI JP19K12078.
Project
More details will be available in the near future at: https://kaken.nii.ac.jp/en/grant/KAKENHI-PROJECT-16K00454/