Katsuhiro Yamazumi

Katsuhiro Yamazumi
Kansai University · Faculty of Letters

Professor, PhD

About

31
Publications
1,379
Reads
How we measure 'reads'
A 'read' is counted each time someone views a publication summary (such as the title, abstract, and list of authors), clicks on a figure, or views or downloads the full-text. Learn more
156
Citations
Citations since 2016
13 Research Items
93 Citations
201620172018201920202021202205101520
201620172018201920202021202205101520
201620172018201920202021202205101520
201620172018201920202021202205101520
Introduction
Katsuhiro Yamazumi, PhD, is Professor of Education at Kansai University, Japan. Drawing on the framework of cultural-historical activity theory and its interventionist methodology, he studies historically new forms of educational activities as collaborative interventions in expanding learning so that learners and practitioners can collectively transform their activities and expand their agency for themselves.

Publications

Publications (31)
Article
This article analyzes a hybrid after-school learning activity for children called “New School” (NS). NS is an inter-institutional, collaborative project based on a partnership between a university and local elementary schools that also involves other social actors and institutions. Using a framework of third generation activity theory, the article...
Chapter
Yrjö Engeström(1987) developed cultural-historical activity theory and its interventionist methodology in modeling expansive learning in and for the collaborative production of new object-oriented collective activity systems. Engeström's formulation of activity theory has laid the cornerstone of developmental research to reconceptualize humans as c...
Article
Full-text available
This article aims to illuminate forms of transformative instructional practices that encourage a sense of agency, responsibility, and motivation in student learning by intervening in their self-affirmation. Self-affirmation is subjective work done to create and construct new meaning while preserving a sense of personal integrity, competence, social...
Book
By applying cultural-historical activity theory and expansive learning theory to educational research, this volume illuminates new forms of educational activities as collaborative interventions in schools and communities where learners and practitioners generate expansive learning so that they can collectively transform their activities and expand...
Article
Full-text available
The Great Hanshin-Awaji Earthquake (also known as the Kobe Earthquake), with a magnitude of 7.3, struck on January 17, 1995, killing 6,434 people. This article aims to analyze and characterize an intervention in a hybrid earthquake-related disaster prevention education program in Kobe City, Japan, within the framework of cultural-historical activit...
Conference Paper
Full-text available
The aim of this presentation is to analyze shared school-making activities that create the transformation and expansion of schooling from within, in the post-capitalist era, conducted in the "expansive school." The analysis is based on cultural-historical activity theory and expansive learning theory. Such activities require the collaboration of te...
Article
Full-text available
Drawing on cultural–historical activity theory and expansive learning theory, this paper focuses on methodologically reexamining and transforming the linear interventions incorporated in traditional standardized pedagogy and educational research. To achieve this, the present study investigates strategies for generating formative interventions in te...
Chapter
In Japanese schools today, efforts to improve teaching and to promote reading involve educators designing and implementing unit-based instruction that will engage children in coherent and purposeful reading activities for problem-solving. This chapter focuses on activity-based reading instruction and strategies to create an engaging context for pro...
Chapter
This chapter considers how to foster new approaches to learning and ensure quality in Japanese universities by analysing a case of quality assurance in a pre-service teacher education program in a Japanese university. Taking as an example university students’ learning in a teacher education program combined with an experimental educational project,...
Article
Learning for disaster reconstruction carried out by teachers and children in schools faces the fundamental contradiction of how tragic memories leaving deep scars can be told and shared, and the attempts to deal with this problem. In this paper, in order to approach the issue of whether an educational practice which overcomes this contradiction is...
Article
Full-text available
This article illuminates and analyzes a hybrid educational project as interven-tion research in Osaka. The intervention research aims to develop a hybrid activity system in schools, based on a partnership between a university and local elementary schools but also involving other social actors and institutions. These parties are involved in design-i...
Article
Full-text available
Today, work and other societal practices are experiencing accelerating paradigm shifts from mass-production-based systems toward new systems based on networking between organizations, collaboration, and partnerships. This shift requires new paradigms in the fields of education, learning, and development. As human activity quickly changes to network...
Article
1995年1月17日阪神・淡路大震災の発生以後,被災地の教育活動は「震災体験を生かす教育」と「心のケア」を軸にして取り組まれてきた。本論文は,震災から2年の被災地における震災体験の総合的学習を対象にし,震災から得た教訓をもとに体験から学び,体験を世界に発信し,体験を未来に生かしていく学習活動について,二つの研究を通して検討しようとするものである。研究I「震災体験の意味-持続する記憶をめぐって-」(山住勝広)においては,震災体験と心の回復過程との関係について,喪の作業としての回復,個人史におけるフラッシュバルブメモリーの働き,震災体験の語りによるフォーク・サイコロジーの再創造,といった側面を論じ,震災体験が持続する記憶としてもつ意味を考察した。研究II「震災体験を生かす防災教育のあり方を求めて...
Article
個人の歴史表象は,過去の出来事を物語る行為によって構成され立ち現れてくる。つまり,社会文化的場面や他者によって供給される物語という手段を通して,個人は,歴史的現実を創造し維持し操作しているのである。本論文は,過去を表象するときのツールとして歴史的語りをとらえたうえで,個人による歴史的語りの習得と使用の過程を分析しようとするものである。調査研究は,日本国憲法の制定過程について語る大学生の文章が,一つの共通する歴史的語りにもとづくことを示した。しかし,他方で,歴史的語りが多声的に構成されている様相も析出された。つまり,個人の具体的な物語行為は単一の歴史的語りによって機械的に決定されることはなく,それは物語を消費する具体的な文脈において多様で異質な信念を形成していることが示された。また,学校教育を...
Article
本論文で私たちは,1995年1月17日阪神・淡路大震災という深い傷痕を残す記憶の文化的ポリティクスは何か,この災厄の被災者・生存者は自らの生きられた経験をどのように語り証言することができるのか,そして私たちは,協調的な教育をプロジェクトすることによって,どのように悲痛の経験を受けとめ,互いに分有することができるのか,という問いに接近しようとした。私たちは,「媒介された行為」の概念と「物語り分析」の方法を使って,歴史の表象とアイデンティティを,実体や固定されたストーリーとしてではなく,行為遂行的で言語行為的なものとして検討してみたい。阪神大震災を想起するとき,人々はある種の固定され秩序づけられたストーリーをもとにするものである。それは,何らかの公式のストーリーであり,それによっては語ることので...
Article
アイデンティティは「いま-ここ」,つまり社会的文脈において自らをどのように語るのかといった物語り(ナラティヴ)として立ち現れる。したがって,どのような時空間において,自-他の相互関係が定位されたのかといった社会文化的文脈を背景にして検討される必要があるといえる。アイデンティティは,その社会文化的な状況において利用可能とされているツールを媒介させることによってそのつど立ち上げられる。このようにアイデンティティはローカルな構成のプロジェクトとしてとらえられるが,このことは<わたし>がばらばらで一貫性のないものであるということを意味するものではない。社会的相互作用やさまざまな声が響き合うなかでの活動を通して,自らの声を構成していく実践として自己が構築されていくのである。 Identity is e...
Article
本論文では,教科の教授方法問題の研究方法論を問い直し,活動システム論的な教授方法コンセプトについて叙述した。教授方法の研究と叙述は,三つの水準で行われる。第一水準では,教授方法は,「陶冶内容の習得様式と関連づけられた教授-学習活動のモデル」として考察される。第二水準では,教授過程サイクルの部分機能と教授方法が関連づけられる。この二つの水準で示された一般的モデルは,第三の水準,すなわち教科(社会科)の水準で具体化されることになる。こうした考察様式の採用は,学校における教授過程システムの構成を教授方法の観点から基礎づけることを可能にする。また,一連の考察は,教科の教授方法による学習活動の組織化と教授方法選択の主要な道筋とを明確にした。
Article
創造的な歴史的思考の発達は,歴史教授のもっとも重要な目標の一つである。本論文は,問題解決的教授の教科論的研究を通して,歴史教授における認識課題のシステム理論を分析しようとするものである。認識課題とは,創造的活動への子どもの参加を要求する課題である。教科教授における創造的思考の発達は,この認識課題を体系的に解決することによってのみ実現される。そこで,教科内容としての創造的活動,教授過程における創造的活動の位置を示しながら,教授過程システムにおける創造的活動と認識課題の構成との関連を教授学的に分析した。それを前提として次に,歴史授業における認識課題のシステムの具体化を考察し,イサアーク・レルネルの認識課題システム論を検討した。そのさい焦点としたのは,「教科の認識課題を教科教授学的にいかにシステム...
Article
学校における教科教授は,社会文化的に組織化された活動であり,そこにおいて人間発達の社会文化的組織化がなされる一つの形態である。本論文では,学校教科教授を社会文化的実践活動としてとらえる観点を示し,教科教授の活動理論に関して,これまでの動向を指摘したうえで,今後,確証していくべき研究問題を構成した。教科教授の活動理論において,とりわけ重要な問題は,教科教授の発生的構造をいかに説明するかということである。いいかえれば,それは,教科教授活動の社会文化的起源とメカニズムという問題である。ここでは,教科教授の発生的構造を,活動の基礎的な深層構造として一般的に扱っている。そうした活動の基礎的構造レベルを設定する(レオニード・ラジホフスキー)ことによって,個人的活動の構造的・発生的分析単位(「細胞」)は「...
Article
本論文は、「社会科授業における異種的思考のコミュニケーション」をテーマとする一連の研究に属する報告である。この主題のもとでの一連の研究では,社会科授業の課題解決において発生する思考の諸タイプを「思考の異種性」という概念でとらえ,子どもの思考発達がそうした「異種的思考のコミュニケーション=交換」によって生起していく様相を分析してきた。その結果,以下のような知見がえられている。1.子どもの思考行為は,言語などの文化的・制度的ツールに媒介されたものであり,「思考の異種性」は言語使用(発話や談話の様式)の特有性と根本的に結びついている。社会科授業における社会問題の談話では,次のような二つの対照的な談話様式がありうる。それは,(a)子ども自身の生活の個性的な文脈から社会問題を直接的・経験的に論じる様式...

Network

Cited By