Article

Significant reduction of granulomas in Nrf2-deficient mice infected with Mycobacterium tuberculosis.

The Research Institute of Tuberculosis, Tokyo 204-0022, Japan.
The Indian journal of tuberculosis 04/2010; 57(2):108-13.
Source: PubMed

ABSTRACT We have reported previously that mice deficient in nuclear erythroid 2 p45-related factor 2 (Nrf2), which regulates the expression of antioxidant and detoxification genes, showed significant susceptibility to airway inflammatory responses when exposed to diesel exhaust particles for eight weeks. As disruption of Nrf2 promotes immune cells that stimulate Th2-like immunoresponsiveness, Nrf2-deficient mice may be resistant to M. tuberculosis infection.
Nrf2-deficient mice were infected with M. tuberculosis aerially, and the size of their granulomas and cytokine mRNA expression were compared with those of wild-type mice.
Significant reduction of granuloma formation and tubercle bacilli in granulomas was noted in the deficient mice 27 weeks after infection, concurrently with higher expression of IL-2 and IL-13 mRNA.
It is concluded that Nrf2 inversely regulates M. tuberculosis-induced granuloma development at the late stage.

0 0
 · 
1 Bookmark
 · 
105 Views
  • [show abstract] [hide abstract]
    ABSTRACT: 報告番号: ; 学位授与日: 2008-03-24 ; 学位の種別: 修士 ; 学位の種類: 修士(工学) ; 学位記番号: 本論文では低温超電導体であるNbTiを用いた本方式の限流器で問題となっていたサージ電流やインラッシュ電流に対する動作に関して、高温超電導体であるBSCCO線材を用いた試作限流器の動作改善を確認を行った。 まず周波数特性実験の結果より、この試作限流器は周波数が高くなるにつれて動作開始電流値が大きくなることが分かった。この事は、周波数の高い電流に対して、より動作し難いことが分かった。更に実際にインパルス実験を行い、動作の改善が確認できた。続いて交流電流連続通電実験より、各周波数に対して通電サイクルを長くしても動作開始電流値が低下してないことが分かった。温度上昇も計算によって考察し、その結果この銀シースBSCCO線材は冷却特性が良く、温度上昇が抑えられていることが分かった。 更に、復帰特性を実験により調べ、復帰特性が優れていることを確認した。 最後に、18kVAの発電機を含んだ模擬系統での実験が可能な限流器を、新たに設計しその特性を評価する指針を示した。

Full-text (2 Sources)

View
22 Downloads
Available from
Oct 15, 2013